ママチャリのボトムブラケットをカセット式にしたら想像以上に快適だった

少し前にグリスアップしたママチャリのボトムブラケットですが、やはり、摩耗はごまかしきれず、異音がするようになってしまいました。

そこで、ボトムブラケットを思い切ってシマノのカセット式にすることにしました。カセット式のボトムブラケットはアマゾンとかに売っていますが、交換調整時に特殊な工具がいるらしく、その工具の価格が工賃よりも高かったので、近所のチャリ屋で交換してもらうことにしました。

わたしのイメージでは、近所のチャリ屋はどこもかしこも接客がイマイチか、店員によってムラがあります。たまたま通りかかった「自転車工房MASA」は、店主の飾らない接客がすごく印象がいいでした。

ボトムブラケットを交換してもらっただけですが、後輪の車軸の緩みも直してくれ、また、ガタガタの原因がフロント側のスプロケットの摩耗が原因だということも教えてくれました。

走ってみるとこれまでのカップアンドコーン型のボトムブラケットよりもかなりスムーズ。広島市内は橋以外はほとんど平坦なので、ママチャリに変速ギアはほぼ必要ありませんが、駆動系が軽くなったことで軽快に走ることができるようになりました。

工賃を入れるとそこそこの価格になるので、10年選手のママチャリにそこまで金をかけるかという気もしますが、今乗っているママチャリはかなり気に入っているので、フレームがぼろぼろになるまでは部品交換しながら乗りつぶそうと思っています。正直、結構メンテナンスしているので、乗り心地は新品の自転車とそん色ないです。見た目はさすがにボロですが、ステンレスパーツが多いので、気になるさびはほとんどありません。

ママチャリは安いものは1万円前後から手に入ります。個人的には国内メーカーの上位クラスのママチャリを買い、メンテナンスしながらベストな状態で乗るのが快適だと思います。ちゃんとメンテナンスすれば、10年以上は余裕で乗れるでしょう。普段の消耗品は、タイヤ、チューブ、ロック式の鍵くらいでしょう。場合によっては、ボトムブラケット、ワイヤー、ブレーキ、シート、ライトなどの交換が必要になるかもしれません。もう、ギリギリっぽいですが、ワイヤーやブレーキはまだ一度も交換していません。ちょっとした工具さえそろえておけば、ほとんどの部品はホームセンターで比較的安く手に入りますので、自分で交換可能です。

カシオ SL-310A-N(計算機)

仕事場には古い関数電卓が常備してありますが、自宅には大きな計算機しかありません。引き出しの中に入れてあるので、結局、めったに使うことがないです。パソコンやスマホでも計算機代わりにはなりますが、やはり使いやすくはないです。

関数電卓を買うことも考えましたが、関数電卓が必要な場合はPythonを使ったほうが便利なので、手帳タイプの単機能の計算機を買うことにしました。特にこだわりはありません。程よく小さく持ち運びやすそうなのを選びました。

カシオ SL-300A

f:id:digistill:20180714230805j:plain

通販だと5-600円で買えると思います。

太陽電池と乾電池のツーウェイパワーです。表示は大きく見やすいです。▶キーで入力した文字を一文字ずつ消せるのがいいですね。表示は10桁。時間計算や%、税計算、メモリー機能ができます。平方根も計算できます。早打ちにも対応できるキーロールオーバー機能もあるので、実用的です。

 

カシオ パーソナル電卓 時間・税計算 手帳タイプ 10桁 SL-310A-N

カシオ パーソナル電卓 時間・税計算 手帳タイプ 10桁 SL-310A-N

 

 

つくしペンケースを洗った

いつかなるだろうなという危険性を感じつつ、そうなったらそうなったでいいかというおおらかな陽気さで使い続けていた。予想していたのか、あるいはいつかなるだろうなという危険をわざと試したい気持ちになったのか、今となってはわからない。でも、そうなったことだけは事実だ。そうなってしまうと、予想していた以上に冷静でいる自分の心理状態に自分でも少し驚いた。それは驚きというよりも、予定調和があまりにもその通りになった意外さだったのかもしれない。

平たく言えば、ちょっと前に、つくしペンケースに万年筆のインクをこぼしてしまいました。

f:id:digistill:20180714113212j:plain

f:id:digistill:20180714113215j:plain

昨日、学会発表も終わり、気分的に余裕ができたので、先日コストコで入手してきたオキシクリーンで軽く洗ってみました。劣化するのが怖かったので、漬け置きはせず、歯ブラシで軽くブラッシングしながら洗いました。薄くはなったものの、完全には取れませんでした。ちなみに、上の写真は洗って乾燥した後の写真です。

インクは完全には落ちませんでしたが、うっすらと薄汚れていたのがきれいになって、すっきりした印象になりました。

洗うとヘナヘナになるのかと思っていましたが、帆布というのは丈夫な布で、洗っているときもゴワゴワでしたし、乾燥すると意外なほどパリッと仕上がりました。洗濯糊でも少しつければもっとしっかりと仕上がるのかもしれません。

ちなみに、今のペンケースの中身はこんな感じです。

f:id:digistill:20180714113719j:plain

つくしペンケースはちょっと高いのですが、すごく使い勝手がよくてお気に入りです。最近は似たようなレイアウトのペンケースも見かけるのですが、素材、色、レイアウト、つくしペンケース以上のものはありません。少し調べてみると、あちこちのオンラインショップで在庫ありになっているようです。少し流通量が増えているのかもしれません。

Digistillへの連絡はこちらから