ロットリング フォーインワンのガタ取り

ロットリングのフォーインワンは筆記時にリフィル同士があたる音がすることがあります。ただ、シャープペンシルを使っているときには音がしにくいことに、使っているうちに気が付きました。

シャープペンシルリフィルはボールペンリフィルと比べて、メカがある分、先端が重くなっています。シャープペンシルで筆記するときには、口金でシャープペンシルユニットの動きが制限されるため音がしにくいのではないかと推測しました。

そこで、シャープペンシルユニットの周りをUV樹脂で固めてみることにしました。メカの駆動部を見極め、動作に影響がない部分を選定し、そこに樹脂を盛りました。

狙いはあたっていて、音がかなり軽減しました。しかし、二回盛ったらやりすぎたようで、一部のボールペンリフィルを引っ込める時に音が二回するようになりました。ボールペンリフィルがシャープペンシルリフィルと軸内部に挟まれ、動きにくくなったせいです。そこで、動作に不具合が起きないところまで、カッターで少しずつ樹脂をそぎ落としていきました。

最終的な様子だけ示します。

f:id:digistill:20180114011035j:plain

ペンを大きく振れば音はするものの、通常の使用状態ではほとんど気になる音はしなくなりました。

なかなか手間のかかるボールペンですが、それだけ手間をかける価値のボールペンでもあります。

 

ロットリング トリオペン シルバー 1904-454  [日本正規品]

ロットリング トリオペン シルバー 1904-454 [日本正規品]

 

 

 

トラベラーズノート カスタマイズシール

トラベラーズノートのカスタマイズシールを買っていたことをすっかり忘れていました。

f:id:digistill:20180113232821j:plain

中身も見ていなかったので、インデックスシールが付いていることも初めて知りました。インデックスを付け、あちこちシールを貼ったりしてみました。

f:id:digistill:20180113232938j:plain

三冊入れると、ノートを固定するゴムが少し弱くなっていることが気になります。そろそろリペアキットでゴムを入れ替えたほうがいいのかも。

 

トラベラーズノート 手帳 2018年 カスタマイズシール 82353006

トラベラーズノート 手帳 2018年 カスタマイズシール 82353006

 

 

パイロット タイムラインもUV硬化樹脂処理で生まれ変わった

 ちょうど1年くらい前にパイロットのタイムラインを買いました。

digistill.hatenablog.com

その後、あまり登場する機会がなかったのは、カチャカチャが気になりすぎるからです。セロハンテープとかで処理したりもしたんですが、隙間が小さすぎてうまくいってませんでした。

タイムラインは比較的小型のボールペンです。

万年筆でいうと、ちょうどパイロットのプレラくらいの大きさです。

f:id:digistill:20180113211400j:plain

大きな特徴は、ペン軸を回すと二段階でペン先が出てくること。

ペン先はこんな感じです。

f:id:digistill:20180113211554j:plain

主要部分をイラストで描くとこんな感じになります。

f:id:digistill:20180113211638j:plain

一段目で三角形の口金がまず飛び出し、二段目でペン先が飛び出してきます。口金とペン軸の部分もある程度ガタつきますが、カチャカチャ音の発生源はそこではなくてやはりリフィルと口金です。

そこで口金の内側を最近はまっているUV樹脂処理しました。

カチャカチャ音はするものの、隙間は結構狭いので、処理は慎重に行います。コツは一度で仕上げないこと。爪楊枝の先に樹脂をほんの少し取り、口金の内側の先端部分に薄くコーティングするように塗ります。その後、UVを当てて硬化させ、隙間をチェックします。隙間があってもカチャカチャが気にならなくなればそこでやめても問題ないです。気になるようなら、同じ作業を繰り返します。最悪、やりすぎてもリフィルを強く突っ込めば樹脂だけが取れます。その場合、最初からやり直しです。

タイムラインに命が宿りました。これから使用頻度が高くなるかも。

 

パイロット ボールペン タイムライン PRESENT アクアブルー BTL-3SR-AL

パイロット ボールペン タイムライン PRESENT アクアブルー BTL-3SR-AL

 

 

Digistillへの連絡はこちらから