今日もペンクリニックに行ってきました

今日も昼過ぎに本通りの多山文具で開催中のパイロット土田氏のペンクリニックに行ってきました。ちょうど昼ご飯から帰ってきたばかりで、予約の人は誰もいない状態でしたので、行ってさっそく調整をしてもらいました。

これだけの万年筆を持っていきました。

f:id:digistill:20180414202642j:plain

左から

  1. パイロット カスタム74改
  2. ペリカン M400 EF
  3. セーラー プロフィット21改
  4. TWSBI DIAMOND580 M
  5. TWSBI DIAMOND580AL F
  6. 無印良品 アルミ丸軸万年筆
  7. パイロット プレラ F
  8. パイロット キャップレス絣 F
  9. セーラー ハイエースネオクリア
  10. パイロット ボーテックス M
  11. ラミー Aion M
  12. ラミー Safari M

1,2,3,4はできたら調整してもらいたいと思っていました。

カスタム74ははじめて購入した金ペンです。FMを買ったのですが、どうにもパイロットの初期設定になじめず、ペンクリニックで長原さんに調整してもらった経緯があります。その後、調子が悪くなり、使わずにいたものです。パイロットの人にセーラーの人が調整したペンを調整してもらうのも気が引けたのですが、さすがプロ、長原さんあたりが調整されたんですかねと当ててしまいました。広島なので、なんとなく推測しやすかったのかもしれませんが、さすが。調整後は普通に書きやすいペンになりました。

ペリカン M400は前回大阪で調整もしてもらいましたし、特に大きな問題は感じていないのですが、斜め筆記時に若干擦れが強くなる感じがしたので、その部分を見てもらいました。見てもらいましたが「特に大きな問題はないですね。ペンポイントもちょうど半分のところに切り割がありますし、これは当たりのペンですよ」と言われました。「少し気になる部分を調整してみましょう」。万年筆というのは良ければ、いいなりに使っていると些細な部分が気になってしまうものです。おそらくこれでもう終わりっていう風にはならないのかなと思ったりもします。今回の調整でM400はかなりいいところまで来ました。ニーモシネくらいの紙に書けば、極上感を味わえるレベルです。紙の質を落とし、厳しい目でみれば、まだ100%という感じではありません。ただ、使うのがしんどいというほどのことはなく、使ううちにどのくらいなじんでくるかが楽しみです。

プロフィット21も大阪で調整済みなので、大きな問題はないのですが、若干ブレーキがかかりすぎな感じがするので、ちょっと滑らかさを出してもらいました。もともとはBなのですが、長原さんにFくらいに細く削ってもらっています。細字なので筆圧を高くするとどうしてもザラツキ感は出てしまいますが、筆圧を下げ、ロディアレベルの紙に書けば十分に滑らかに書けるレベルです。

ここあたりで次のお客さんが来たので、最後の一本です。

最後の一本はTWSBIのM。これはインクが色彩雫なら問題ないのですが、別のインクを使うとファーストタッチでインクが出にくくなるのが気になっていました。「馬尻気味になっていますね」。ということで、若干、丸みを取ってもらうような調整をしてもらいました。若干フローを多めにしてもらい、調整完了です。

 

ちなみに、最後にウェーバリーを購入してきました。一晩迷って決めたのは、カスタムヘリテイジ912のWA(ウェーバリー)です。ちなみに、店頭在庫はなかったので、発注後、店に来た後、修理扱いでパイロットに送り直し、店頭で受け取るという流れになるようです。おそらく、商流の問題なのでしょう。受け取りは、ゴールデンウィーク前後になるそうです。

カスタムヘリテイジのニブは銀色のロジウムメッキが施されており、若干の硬さを感じる場合があるそうですが、基本的にはメッキなしのものを同じと思っていただいて問題ないということでした。カスタム742、カスタム743、カスタムヘリテイジ912のWAがそれぞれあったので、書き比べ、好みのものを探しました。カスタム742のものがすごく好みでした。743のはフローが多すぎてちょっと好みじゃないでした。この違いはニブの大きさによるものではなく、あくまでも調整の問題だそうです。743を絞って比べてみますか?と言われました。「この742に近い感じに仕上げてもらえばいいです。カスタムヘリテイジでも同じと考えていいですよね?」と尋ねると、「ロジウムメッキの影響はそんなにないでしょう。この742はかなり以前から少しずつ調整を重ねていて、かなりコンディションがいいのは間違いないです。でも、近い感じにまでは持っていくようがんばります」ということでした。ウェーバリーの魅力は書いてみないとわからないと思います。ニブの柔らかさや線幅の変化を楽しむというペン先ではなく、滑らか番長といった感じです。そのようなペン先に興味がある人は一度試してみる価値はありますよ。

実店舗は定価販売だと思っていたのですが、 現金払いだと1割引きということで、ちょっと得しました。来たらまたレポートします。

パイロット万年筆 カスタム ヘリテイジ912 ブラック ウェーバリー(WA) FKVH-2MR-B-WA

パイロット万年筆 カスタム ヘリテイジ912 ブラック ウェーバリー(WA) FKVH-2MR-B-WA

 

 

ペンクリニックに行ってきました(パイロット土田氏@多山文具)

本通りの多山文具で開催中のペンクリニックに行ってきました。出張帰りだったので、ほとんど終了間際でした。ちょうど片付けを始めた時だったのですが、快く応じてくれました。今日は間に合わないと思って、行く予定ではなかったので、手持ちの万年筆がサファリだけでした。特に不満はないペンなのですが、書き出しが少しスムーズじゃないと言われ、少し調整してもらいました。

10分ほど雑談をさせてもらう中でいくつか発見がありました。

以下、D:自分、T:土田氏

********

D「パイロットのカスタム74を持っているのですが、正直、あまり好きじゃなかったんですよ。書き出し時に筆圧がいる感じで・・・」

T「そうならないようにするにはペン先を少し開いてあげるといいんですが、そうすると、線の終わりがボテッとしたような感じになるんです。パイロットの万年筆は、はねや払いの時に線が細くなり、毛筆で書いたようなメリハリをつけるために、標準ではペン先を少し絞っているんです」

D「そういう話をどこかで聞いたことがあるんですが、やはりそういうことなんですね。」

T「もちろん、調整すれば筆圧なしで書き出しからインクがたくさん出るようにすることは難しくありませんよ」

********

********

D「Mくらいの線幅で、なんかおすすめの万年筆はないですか」

T「そうですね、細さにこだわりがないなら・・・、ちょっと座ってみてください」

そこでおもむろに万年筆がずらりと並んだペンケースを机に広げました。

T「これ、ちょっと試してみてください」

D「これは、カスタム74・・」

T「742のウェーバリーです」

D「上に反ったようなペン先のやつですね。あまりグニャグニャしたニブは好きじゃないんですが」

書いてみると、中字か中細くらいの太さで、非常に滑らかに書けました。そして、全然グニャグニャはしておらず、しっかりと腰のある筆記感でした。

D「いいですね」

T「上に反っているので、あたかも筆記角度を小さくした時のようなイメージで書けるんですよ。10号ニブなので、バランスがいいと思うんです。フォルカンのように柔らかくはなくて、むしろしっかりしたニブなんですよ。こちらもどうですか」

と、別のウェーバリーを手渡してくれました。ペンはカスタム743でした。

D「743のウェーバリーですか。ちょっと線が太いですが、ゆったりとした感じがしますね」

T「線の太さは調整次第なんで、743じゃなくて10号ニブでもこのような太さにすることはできますよ。15号になると、奥深さというかそういう感じはでてきますよね。実用的には10号ニブくらいでも十分だとは思いますよ。」

D「調整なしでもこのくらい書けるんですか?」

T「基本的には無調整でもいいですよ。ただ、先ほども言ったように、万人向けの調整がなされていますので、ちょっといじってあげたほうがお客様の好みに合うかもしれませんね」

T「せっかくなんでこれも試してみますか。カスタム845で、こちらは・・・」

D「エボナイトですね」

T「そう、エボナイトに漆を塗ってるんで、触り心地がいいですよ。太字ですがどうぞ」

さらさらっと書いてみると、得も言われぬ滑らかさ。

D「ほほぅ、これはいいですね。この紙がいいんですかね」

T「こちら、ざらつきテストの紙なんですが、こちらでも書いてみますか?」

サラサラサラ・・・

D「・・・ふむ、いいですね。太字は普段使うシーンが思い浮かばないので、いりませんが、でも、ちゃんと調整すると万年筆ってこんな感じにまでなるんですねぇ・・・」

********

********

T「エラボーも試してみます?」

D「へぇ、書いてみたことないんで気になります」

サラサラっ

D「思ったよりもグニャグニャではないんですね。そして、結構なめらかですね」

T「柔らかいのがあまりこのみではないなら、フォルカンよりはエラボーの方が気に入ると思いますよ」

********

だいたいこんな感じで話をしてきました。

今回、普段あまり触る機会のない特殊なニブの万年筆を試せたのと、メーカーの人の話を聞けて非常に理解が深まった感じがしました。

特殊ニブにはあまり興味がなくて、次は742のMを買おうとほぼ決めていたので、ここでウェーバリーを試したのは収穫でした。実は、あまりにも気に入って、D「じゃ、これ買います」と言ったんですが、あいにく在庫がなくて手にすることはできませんでした。

T「もしよろしければ、明日お代金だけいただければ、さっき触ったようなペンにまで調整した状態で後日お渡しすることは可能ですよ。もしよろしければ、明日も来てください。何本でも調整しますから」

D「明日、時間があればまた来ます。購入のほうは考えておきます」

さて、一晩迷わねば・・・

 

万年筆 カスタム742 ウェーバリー(WA)【黒軸】 FKK2000RBWA

万年筆 カスタム742 ウェーバリー(WA)【黒軸】 FKK2000RBWA

 

 

小さめ筆記具

昨日、ケリーを買ったので、小さめの筆記具を集めてみました。

左から、ぺんてる ケリー、パーカー ジョッター、ペリカン M400

f:id:digistill:20180410222716j:plain

パーカーのジョッターにはジェットストリームのリフィル「SXR-600-05」を入れています。0.7のジェットストリームは滑らかすぎて好きじゃないのですが、0.5のジェットストリームは適度に筆記抵抗があるのでいいです。ジョッターはそれほど高級感のあるボールペンではないですが、ノック感が独特で好きです。細い軸が意外なほど手にフィットして書きやすいと思います。デスクで落ち着いて使うというより、ポケットに入れて出先で使うことが多いです。最悪なくしてもあきらめがつくくらいの値段なので、気軽に出先で使えます。秀逸なのはクリップです。硬すぎず、柔らかすぎず、差しやすいです。

ケリーは昨日紹介したもの。改めて使ってみて、バランスのいいペンだなぁと見直しました。これも小さくて、キャップ式なので持ち運びしやすいものの、キャップ式というのは出先で使うにはあまり便利ではありません。それにしてもCDTのケリーのデザインは見ていて惚れ惚れします。予備をもう一本買ってしまおうかと思うほどです。

M400は比較的小さな万年筆ですが、キャップをポストすれば、普通のボールペンくらいの大きさになるので決して小さ過ぎることはありません。

f:id:digistill:20180410224420j:plain

小ささで言えば、パイロットのプレラがM400より若干小さいです。M400は吸引式でインクがたっぷり入りますし、ペンバランスもいいので普段使いする万年筆として便利です。キャップ式ですが、四条ネジになっているため、一回転でキャップが外れ、機動力もなかなかのものです。

小さな筆記具、なんか魅力を感じます。

 

パーカー ボールペン 油性 ジョッター フライター S1140312 正規輸入品

パーカー ボールペン 油性 ジョッター フライター S1140312 正規輸入品

 

 

 

ぺんてる シャープペン 万年CIL(ケリー) 0.5 HB キャップ式 XP1035AV ブラック
 

 

 

 

Digistillへの連絡はこちらから