ツイストノートを片側だけ使う

ツイストノートはリングノートでありながらルーズリーフのようにページを切り離すことができます。ルーズリーフよりもリングが小さく、使いやすいです。 ページが切り離せるのはいいのですが、シートの裏を使ってしまうと事実上は切り離すことができなくなっ…

シャーペン使うときには下敷きを使うといい感じ

クルトガとかオレンズネロの書き味をいろいろ確認しているとき、紙を直接机に置いて書くと、書き心地がいいことに気が付きました。 紙面が固くなることで、ペン先の筆圧が逃げにくくなります。そのことで、クルトガエンジンは回りやすくなるようです。オレン…

ツイストノート専用リーフ N-1650SWがお気に入り

最近はツイストノートしか使っていません。一番のお気に入りがhirakunoというバージョンなのですが、ほとんど売っているところがありません。広島では紙屋町のオフィス21にあります。今日見に行ったら、補充されていて、全色そろっていました。せっかくなの…

パイロット ダウンフォース BDW-40F-B

紙屋町のオフィス21を物色していると、立った位置からはちょっと見えにくい位置にダウンフォースがあるのが見えました。 このモデルが以前から欲しいと思っていたのですが、近所で見かけるのは後継のダウンフォースRの方ばかりでした。この製品は在庫が無く…

ジェットストリームは0.5が使いやすい

すべて、リフィルがジェットストリームです。 ジェットストリーム4+1(0.7 mm) ジョッター(0.7 mm) ロットリング4 in 1(0.5 mm) ジェットストリーム(0.38 mm) 0.7 mmのジェットストリームは滑りすぎて疲れると感じていました。しかし、軸が細いジョッタ…

uni クルトガ アドバンス 0.5 mm

近所の書店で文房具の2割引きをしていたので、アドバンスの0.5 mmを買ってしまいました。 クルトガ アドバンス 0.5 mm アドバンスは0.3 mmを持っていますが、0.3は芯が早く減りすぎて、ノックの頻度が上がるので長時間使うとめんどうです。しかし、アドバン…

ココフセン

そいうえば、手帳を買った時にもらったハンズオリジナルのココフセンをまだセットしていなかったので、使ってみました。 詰め替え方式のフィルム付箋です。 いろんな種類が発売されています。 ちなみに今日の写真は久々にGR。 カンミ堂 ふせん ココフセンカ…

第8回OKB48選抜総選挙に投票した

sugobun.com 今年も投票しました。 最大5票入れられるのですが、あえて3つに限定しました。 3 三菱鉛筆 ユニボールシグノ 40 トンボ鉛筆 ZOOM505 水性ボールペン 47 BIC オレンジEG0.7 この3本。ナンバーワンはシグノにしました。47は正確には1.0しか使…

手帳のしおりがほつれるのを簡単に防止する方法

手帳は1年使います。その間にしおりの端はどんどんほつれてきます。程よくほつれたしおりは味がありますし、気にしないというのもひとつのやり方です。でも、なんか気になりますよね。 以前、わたしはしおりの端を結んでいました。でも、何となく見た目が悪…

好きなシャーペン ベスト5

一番多く持っている筆記具はおそらくシャーペンだと思います。使用頻度はそれほど高くはないですが、安いしバリエーションが豊富なので楽しいです。どの商品も特徴があり好きなポイントはあるのですが、現時点で好きだなと思うシャーペンをあえて5つ選びまし…

ぺんてる スーパーマルチ8は手帳に使いやすい、その他手帳用ペン

スーパーマルチ8はマルチ8ほど使用頻度が高くありませんでした。 最近、手帳用として使ってみたところ、意外と便利です。キャレルB6のペンホルダーにもすっぽりとはまります。ラバーグリップもないので抜き差しもスムーズです。 以前、紹介しましたが、…

ZOOM707のリフィルは4C規格でした

あまり意識したことはなかったのですが、ZOOM707の純正リフィルBR-VSは4C規格でした。 ということは、ジェットストリームはじめ他社製の4Cリフィルが入るということです。試しにロットリングに入っているジェットストリームを入れてみることにしました。 ZOO…

NOLTY キャレルB6ウィーク①

来年の手帳はNOLTYのリスティ1で行こうと決めて、準備万端で早速使い始めたのですが、ふと書店で手に取った手帳が使いやすそうで、ついつい買ってしまいました。 NOLTYのキャレルB6ウィーク①はメモ(見開き)タイプと呼ばれているもので、これまであまり気…

シャーボXのゲルリフィル

シャーボXのゲルリフィルJSB-0.5の筆記距離は80ー90メートルとかなり短いです。シャーボXを購入してから10日ほど。メモやノートに使っていますが、今現在、インクはまだあります。勉強や大量筆記には向かないと思いますが、メモ程度なら実用的じゃないほどに…

コストコ SYSMAX システムマルチボックスを追加購入

以前、コストコで購入したSYSMAXのシステムマルチボックスの紹介をしました。 digistill.hatenablog.com すでに2個持っているのですが、文房具用にまた一個追加しました。 突起があるので積み重ねてもずれにくいです。 3段くらいは行けそうですが、2段くらい…

限定シャーボX TF12を使ってみた

シャーボX TF12と呼ばれる限定シャーボを買ってきました。型番はSB41です。 このモデルは初代シャーボの格子柄を再現したモデルになっていてTF12というのは「The First 12000」の略。12000というのは価格ですね。限定1000本です。 この格子柄はヘアライン加…

シャーボXのリフィルを比較

今のシャーボの組み合わせは以下の通り。 I : 0.5 mmシャープ II : 0.5 mmゲル JSB-0.5 黒 III : 0.5 mmゲル JSB-0.5 赤 今回は黒、赤、それぞれ油性の1mmとエマルジョンの0.7 mmを揃えてみました。 黒で書き心地をチェックしてみます。 エマルジョンの0.7 m…

ミドリ MDノートブック 文庫 罫線

日記のようなものを書こうと思って、日記帳を探していたのですが、最終的に選んだのはMDノートブックの文庫 罫線でした。 MDノートブックの罫線バージョンは中央に濃い線が一本引いてあります。 上下で二日分と考えると、文庫版がちょうど分量的にもよさそう…

ゼブラ ブレンをいち早く入手してきた

12月12日発売のゼブラ「ブレン」を広島ロフトで入手してきました。一部店舗ではすでに発売されているとは知っていたものの、まさか地元のロフトで販売しているとは思いませんでした。 すでに黒軸の0.5が何本か売れていました。 わたしが入手したのは白軸の0.…

シャーボX(LT3)はすばらしい

なんとなく食わず嫌いだったシャーボXですが、実際に使ってみると、すごくいいです。 回転繰り出し式の多色ペンは軸を回すとガシャガシャとうるさいイメージだったのですが、シャーボXはほぼ無音です。若干リフィル同士が擦れる音が聞こえますが、メカ自体は…

シャーボX LT3 ブラック

シャーボXに限定軸TF12というのが出ると知り、シャーボXに興味が出てきました。いきなり1万円オーバーは勇気がいりますが、シャーボには3000円からモデルが存在します。 店舗で3000円のLT3, ST3を見せてもらったところ、LT3が細身でかっこいいと思い、買って…

MAX サクリフラット フラット軽とじ32枚

出張でホッチキスが必要になったので、MAXサクリフラットを購入しました。パワーフラットHD-10DFL(最大26枚綴じ)もそのうち欲しいと思っているのですが、まずは32枚綴じのこちらを優先しました。 購入したのは白。白いホッチキスってかっこいいです。 全体…

Bic easy Glide 1.0

暇つぶしにダイソーをぶらぶらしていたら、Bicのeasy Glideの1.0が売っているのを見つけました。定価80円+税のボールペンが2本で108円(税込み)なら、安いと思ったわけです。これまで気になりつつも、使ったことがありませんでした。 使ってみて、まず、あ…

なぜジェットストリームの筆記線は濃く見えるのか、そしてなぜツルツル過ぎると感じるようになるのか

ジェットストリームの筆記線は旧油性タイプと比べると濃く見えます。インクがより黒いのでしょうか。 ちょっと気になったので、ルーペで観察してみました。 ちょっとピンボケですが。上からジェットストリーム0.7、トンボZOOM707(BR-VSリフィル)、LAMYアル…

多角形軸の魅力

筆記具の原体験はおそらくえんぴつじゃないかと思います。少なくとも幼少期に最も多く使った筆記具であることは間違いありません。六角形の軸で字を書くことや計算を覚えました。そのせいか多角形の筆記具を見るとどこか安心します。 サファリやアルスターの…

お気に入りの旧と呼ばれるボールペンたち

ジェットストリームに代表される最近のなめらか系のいわゆる新油性と呼ばれるボールペンは筆跡が濃く、いい感じです。初めて使った時には革命だと思いました。 ただ、改めて昔ながらのいわゆる旧油性と呼ばれるボールペンを使ってみると、これにはこれの良さ…

カランダッシュ849 ボールペン

カランダッシュはスイスの高級筆記具メーカーです。中でも849はスタイリッシュで手にしやすい価格のモデルです。その中でも最も安価な定番モデルをアマゾンで購入しました。 特徴的なのはゴリアットと呼ばれるリフィル。全モデルに使用されています。先端の…

トラベラーズノートにツイストノートメモを装着してみた その3

最近、メモ帳もノートもツイストノート。 ツイストノートはhirakunoが気に入っています。何が気に入っているかというと、紙です。罫線の色が薄いブルーでいい感じです。問題はこのhirakunoを扱っている店がほとんどないこと。リフィルとしても存在していませ…

侮れないセーラーデスクペンのキャップ性能

あまり使用頻度は高くないですが、なくては困るのがセーラーのデスクペンです。年末調整などの小さな字を書くときに使っています。EFの細さで耐水性の高い極黒が使えるのがポイントです。5ミリ方眼のひとマスに9文字くらいは簡単に書けます。 ニブの根っこ部…

トラベラーズノートパスポートサイズにツイストノートメモを実装してみた 続編

ペンホルダーが邪魔だったので、新しいのを一冊買ってきました。 このようにするとめくったままトラベラーズノートを閉じることもできます。 ツイストノートメモは基本的に仕事のtodoを書くのに使っています。それと同時に、日常の一時的なメモやプライベー…

Digistillへの連絡はこちらから