シャープペンシル

ケリーが現代的に生まれ変わった「シャープペンシル038W (CDTケリー)」

万年CILケリーというシャープペンシルを3年前に購入しました。 digistill.hatenablog.com ぺんてるは1960年代に世界で初めてノック式のシャープペンシルを作った会社です。(下のリンク先の漫画を読むと、製図用シャープペンシルのガイドパイプがなぜ4ミ…

ぺんてる オレンズ メタルグリップタイプ 0.5

オレンズはオレンズネロ0.2を2本、オレンズネロ0.3を一本、オレンズメタルグリップリミテッド0.2を1本持っています。 オレンズネロは勢いで3本も買ってしまいましたが、あまり使っていません。通常のオレンズに比べ、ガイドパイプの反力が強いため立たせ気味…

トンボ オルノスイフト

トンボのオルノスイフトというシャープペンシルは軸を曲げると芯が出てきます。少し気になって手に入れてみることにしました。 広島駅の書店の文房具コーナー、蔦屋書店を経由して、紙屋町のオフィス21に行ったところ処分セールのコーナーでオルノが165円で…

rotring Rapid Pro 0.5 mm(一般筆記にはrotring 600よりもバランスがいい)

どうしても気になってrotringのラピッドプロを入手してきました。芯径は0.5ミリです。最近は0.5ミリのシャープペンシルにHBという基本的な組み合わせが実は結構バランスがいいのではないかと考えています。 ラピッドプロはロットリングの中でも一般筆記用に…

ペンクリップ、邪魔なら外すという手もあります

いわゆる製図用と呼ばれるシャープペンシルのクリップは取り外せるようになっています。 下の写真は0.7ミリと0.5ミリのスマッシュです。 スマッシュは25年ほど前、大学の時に売店で見つけた0.9ミリを使い始めたのがきっかけです。当時、「本の雑誌」に広告が…

ぺんてる グラフギア1000

グラフギア1000は気になりつつもあまり好きになれないシャープペンシルのひとつでした。最大の理由はメカメカしすぎる見た目ですね。グラフギア1000を使うくらいだったらまだスマッシュの方がいいかなというのもありました。しかし、改めて手にして…

LAMY Safari シャープペンシル(スケルトン)0.5を手に入れました

アルスターのボールペンを使い始めて、改めて三角グリップの魅力を改めて知り、シャープペンシルも手元に置いておきたくなりました。というわけで、今日、買ってきました。 色はマットブラック、黄色、スケルトンで迷いました。マットブラックは万年筆で使っ…

PILOT S3 0.5。安価で基本に忠実なすばらしいシャープペンシル。

これまで何度かこのブログにも登場していますが、今回はパイロットのS3を取りあげます。何の変哲もない、おそらく近所の文房具屋さんに必ずといっていいほどおいてある、定番中の定番のシャープペンシルだと思います。 過去ログを確認したところ、わたしがこ…

クルトガアドバンスの駆動が軽いことを実験で確かめた

クルトガアドバンスを使ってみて、これまでなぜクルトガが苦手だったのかが分かった。クルトガは筆記時の筆圧を利用して、ペン先を沈ませ、その奥にあるギアのかみ合わせでペン先ユニットを回転させるという機構を実装している。その沈み込みが最初苦手だと…

クルトガADVANCE 0.3

2017年12月13日、クルトガADVANCEの0.3が発売された。 アドバンス | ADVANCE | シャープ | シャープ | 商品情報 | 三菱鉛筆株式会社 キレイな文字が書けるシャープ『アドバンス』芯径0.3mm|2017年|プレスリリース|三菱鉛筆株式会社 今日、オフィス24に行…

Digistillへの連絡はこちらから