読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペン型の付箋 カンミ堂「ペントネ」

前から少し気になっていたカンミ堂の「ペントネ」を買ってきた。 ロール状の付箋紙を長細いプラスチックに3本入れたような付箋紙だ。紙質は透明フィルムっぽいタイプ。12mm毎に小さなミシン目が入っている。両端面には糊が付いていない。付箋として使うより…

コンサイス ブックカバー

基本的にブックカバーは使わないんだけど、数学の文庫本とか一気に読めないから、持ち歩いているとボロボロになるのでカバーが欲しいと思うこともある。いざ探してみると、意外とこれといったカバーが見つからない。 硬すぎても柔らかすぎてもよくなくて、革…

ZOOM707の挙動に関して

ZOOM707 30周年限定バージョンはお気に入りのボールペンのひとつだ。細いボールペンは他にもある。しかし、ZOOM707はただ細いだけではなく、書きやすい。重量バランス、グリップの太さと形状などのバランスが絶妙なのだ。 ZOOM707はペンの上部を捻るとペン先…

パイロット タイムライン

いつか欲しいと思っていたパイロットのタイムラインを買ってきた。 =スペシャルサイト= www.timeline-design.jp タイムラインにはPAST, PRESENT, FUTUREの3シリーズがある。 PASTはグリップ部分が木製で定価7000円、PRESENTは全体がプラスチックで定価3000…

ボールペンのペン先をグラつかせない簡単な方法

気にならない人も多いと思うけど、多色ボールペンのペン先がカチャカチャいうのが嫌いな人は少なくないと思う。自分はたったそのひとつの理由だけで、多色ボールペンが嫌いだった。 しかし、多色ボールペンのグラつきを防止するのは意外と簡単だ。特別な工作…

ジェットストリームは0.38がかなりいい

ジェットストリームの0.7は滑りすぎるので、字は書きにくいと感じている。以前、試しに0.5を買ったら0.7よりも滑らなくて使いやすいと感じた。 今日、たまたま0.38のジェットストリームが目についたので買ってきた。 0.38は適度に摩擦感があり、滑りやすいと…

キャップ式 ユニボール シグノがすごい

キャップ式のユニボールシグノを買ってきた。太さは0.38mm。 ペン先はこんな感じ。 キャップ式のゲルボールペンは現在手元になく、長いこと使ったことがなかった。で、このキャップ式のゲルボールペンが想像以上にすごかった。 キャップ式はノック式と根本的…

uni パワータンク、パイロット ダウンフォースR

壁にあるカレンダーや張り紙、ポストイットなどへのボールペンでの筆記は意識的に控えていた。鉛筆やサインペン的なものを使えば問題ないんだけど、加圧ボールペンだと思うと、なんか無駄に壁面に書きたい衝動に駆られてしまう。(;^ω^) というわけで(?)、…

トンボ エアプレス

ボールペンは基本的に下向きに使うことを想定して作られている。壁に貼られたカレンダーなどに筆記すると、リフィル内に空気が入り、書けなくなることがある。また、立ちながら筆記するときにも不安定になりがちなのでそのリスクはあるだろう。 そんな使い方…

消しゴム: コクヨ リサーレ

シャープペンシルや鉛筆の使用頻度がそれほど高くないので、消しゴムってそんなになくならないんだけど、店頭にいろんなのが並んでいるので、時々買ってしまう。 今回買ってきたのはコクヨのリサーレという消しゴム。 www.kokuyo-st.co.jp 特殊発泡体とイレ…

ミドリカンパニー ベルトシール スナップ

ジブン手帳にはペンホルダーがない。なくても不便はないんだけど、ないよりはあった方が便利なのは間違いない。 ミドリカンパニーのベルトシール スナップという商品を買ってきた。いろんな色があり、マグネットタイプもある、しかし、ジブン手帳の純正カバ…

4C規格ボールペンの筆記距離を調べてみた

4C規格のボールペンのリフィルは短めであまり筆記距離が長くないような感じがする。どのくらい持つのかあらかじめ知っておきたいので調べてみた。 すると、ちょうどいいサイトが見つかった。 ballpointpens.wiki.fc2.com このサイトの4C部分をいくつか抜き…

4C規格ボールペンとはなにか

ボールペンには4Cと呼ばれる規格があるらしい。ただ、どこがどう定めた規格なのかはよくわからない。 長さ: 47 ㎜ 太さ: 2.3 ㎜ この寸法のボールペンリフィルのことをそう呼ぶらしいということはわかった。各社、4C規格に相当するリフィルを販売してい…

ZOOM707の書き心地

ペンと一言で言っても、万年筆、水性ボールペン、水性ペン、ゲルボールペン、新油性ボールペン、油性ボールペンなど、様々なペンが存在する。 ペンはなにがしかの線を書くものなので、線が書けることが最も重要な性能だ。しかし、文字を書いたり、絵を描いた…

ZOOM707(油性ボールペン)30周年記念、特別限定品

ZOOM707の油性ボールペン版をゲットした。 左がボールペン、右がシャープペンシル。 見た目はほぼ同じ。 ペン先はこんな感じ。 リフィルはいわゆる4Cと呼ばれるタイプで金属製。 書き心地はいわゆる昔ながらの油性ボールペンだ。 筆跡はこんな感じ。 旧油性…

ZOOM707(シャープペンシル)30周年記念、特別限定品

先日紹介したZOOM707 30周年記念、特別限定品を購入した。「見かけたら買うかも」と書いたけど、正直、ひとめぼれだった。 なにこのさりげないかっこよさ。文房具というより、粋な大人の道具って感じだ。 特別限定品はグリップ部分がゴムではなくて金属だ。…

ダイヤメモS

ダイヤメモのSサイズを買ってきた。これまで使っていたのは方眼タイプだったが、方眼タイプはかなり大雑把に書いてしまうので、普通に罫線タイプを購入。 Mサイズは3本太い罫線が引いてあり、全体を4分割にして使えるがSにはは特にそういう線はない。罫線の…

ダイソー リーガルパッドA4(と、手持ち万年筆ランキング)

今日はコストコに行って、リーガルパッドを買ってこようと思ってたんだけど、いろいろバタバタしていたら行けなかったので、近所のダイソーでA4サイズのリーガルパッドを買ってきた。 さっそく筆記してみると、B6サイズの紙質と全然違った。B6の方は表面にな…

フリクション

フリクションは一本持っていているんだけど、文字を書く時の書き味があまり好きじゃなくてほとんど使っていない。しかし、教科書などに線を引くには十分だし便利じゃないかと最近気になり始めていた。 本を読むときには多色ペンがいいんだけど、フリクション…

LIHIT LAB SMART FITシリーズ、A5サイズ

ちょうど二年前にリヒトラブのSMART FITキャリングポーチを購入した。 キャリングポーチ - digistill's blog 最初はiPad mini用として使っていたんだけど、最近はこんな感じになっている。 入っているのはiPad Air、Logicoolのワイヤレスキーボード、iPhone6…

お気に入りのシャープペンシル

文房具を道具として意識し始めたのは今から20年以上前、大学の頃に出会ったSMASHだった。SMASHを知ったのは「本の雑誌」の広告だったと思う。たまたま入った大学の生協にSMASHが置いてあって、本の雑誌に載ってたやつだなと思い、手に取ると0.9mmと書いてあ…

手のひらサイズポケットノート

ファミリーマートで無印良品の「手のひらサイズポケットノート」を買ってみた。 勘の良い人ならすでにお分かりかと思うが、これはまさにコクヨの測量野帳「スケッチブック」。カバーが違うだけで中身は全く同じだ。 2冊ほどストックはあるんだけど、これで…

LAMY サファリ EF

サファリのFをなくして数日、サファリのMを使っていたが、日本語筆記で常用するにはちょっと太いかなと思い始めた。パイロットキャップレスのFを持っているので、サファリのEFは太さが被るかもしれないと思い、迷ったんだけど、サファリのEFを一度使ってみる…

カクノ M

先日、店頭にカクノのMがあったので試し書きしてみた。Fも安定した筆記が可能なのだが、Mはそれに加えて滑らかさも加わり、いい感じだった。Mといってもニブがステンレスで硬いせいか、線もそれほど太くない。ササッと走り書きしたりするのに良さそうだった…

クルトガ ラバーグリップ付&クルトガ替芯

クルトガ ラバーグリップ付とクルトガ替芯(HB)を買ってきた。 600円以上する割に高級感はない。ラバー部分は比較的固めで嫌いではない。 まだ芯の違いはよくわからないけど、比較的書きやすい芯だと思う。 12年11月16日発売!クルトガ ラバーグリップ付12…

FRIXION BALL3

FRIXIONはライトブルーを一本持っているんだけど、コンビニで3色のマルチペンがあったので買ってみた。基本的にボールペンは0.7mmを使っているが、今回買ったのは0.5mm。書類に落書きするとき等に使おうと思っている。 赤青黒の3色だが、色はすべて薄め。書…

クルトガネタ

新開発!トガりやすくなめらかな芯『クルトガ替芯』11月16日(金)新発売芯が回ってトガり続けるシャープ「クルトガ」から、長時間の筆記に適した新モデル登場!『クルトガ ラバーグリップ付』11月16日(金)発売芯がどんなのか気になるなぁ。三菱鉛筆 クル…

能率手帳ゴールド

来年使う能率手帳ゴールドがやってきた。 箱に入ったゴールドは純金の重みを身にまとい、堂々とそこに鎮座しておられました。 紙がちょっと薄いのか手帳全体が薄めに感じる。 基本構成は普通の能率手帳と一緒なので、目新しさはない。 使いやすさとか見た目…

ピュアモルト・オークウッド・プレミアムのJETSTREAMがきたよ

ピュアモルト・オークウッド・プレミアムのJETSTREAMがきた。JETSTREAMの4&1を買うのはこれで3本目。このペンを一度使ってしまうと、他のペンは使えなくなる。多少にじみやすかったりするようだが、基本的に今のところ実用的な不具合は感じていない。インク…

能率手帳ゴールド

いろいろ悩んだ挙句、来年の手帳は能率手帳ゴールドにした。 機能としては普及版で十分なんだけど、一度くらいはゴールドの使い勝手を試してみたかったのだ。名入れはせずに楽天の送料が無料のショップで購入した。能率手帳普及版サイズにした主な理由は、時…

ピュアモルトのJETSTREAM

あれ、こんなのがあったのか。 今日、ネットをあれこれ見ていたら、ピュアモルトのJETSTREAMなるものがあることを知った。いつ頃からあるんだろう。 今は筆記用具としてJETSTREAM4&1しか使っていない。一度これを使ってしまうと他の筆記用具が使えなくな…

誠 Biz.ID:スケジュール管理はデジタルより手書き? JMAMの2013年版手帳トレンド調査

誠 Biz.ID:スケジュール管理はデジタルより手書き? JMAMの2013年版手帳トレンド調査自分もスケジュール管理は完全にアナログに移行してしまった。アナログの良さはサッと取り出して、サッと書き、線で消して訂正したり、カラーでグルグル丸を書いて強調し…

モレスキン スマートノートブックがきたよ

注文しておいてモレスキン スマートノートブックが届いた。 今回買ったのは、ラージサイズのスクエアード(方眼罫)。スマートノートブックというのは、Evernoteとのコラボ機能を使って、ノートをEvernoteに簡単に取り込める機能を持ったノートだ。このノー…

来年の手帳など

書店などでは来年の手帳が所狭しと並び始めた。そんなこともあり、来年の手帳探しを早速始めている。今年は能率手帳エクセル8を使っている。最近はGoogle Calendarなども使っておらず、アナログ手帳一本である。エクセル8はレフトウィークリータイプで、右…

能率手帳普及版とEvernote スマートノートブック

Evernote スマートノートブックのポケットサイズと能率手帳普及版のサイズがほぼ同じということに気がついた。Evernote スマートノートブック ポケットサイズ:9☓14cm 能率手帳普及版:9.5×14.4 cmモレスキンの場合、スマートノートブックに限らず、ポケット…

SHOT NOTEを買った

LOFTにほぼ日WEEKSを見に行った。来年はどのようにスケジュールを管理して、どのようなツールにノートを取るかを考えていた。 メモ帳コーナーに行くと、スマホ対応のメモ帳なるものがいっぱい並んでいた。その中からひとつ買ってみた。 早速アプリをダウンロ…

ほぼ日手帳 WEEKSを初めてみてみた

ほぼ日手帳2013 - WEEKS - ほぼ日刊イトイ新聞 知人がほぼ日手帳WEEKSを使っていたので、見せてもらった。 想像していたより一回り大きくて、使いやすそうだった。 来年は能率手帳普及版にしようと思っていたけど、WEEKSにしようかなぁ。

手帳選び

もう一度基本に帰り、能率手帳を引っ張りだして、今使っている能率手帳エクセル8と比較してみた。 ↑左が能率手帳の普及版で、右がエクセル8。 エクセル8は幅が狭く縦長。次は中身。 ↑これは今使っているエクセル8。基本は能率手帳と一緒。右頁には罫線がある…

ほぼ日手帳2013 - WEEKS - ほぼ日刊イトイ新聞

ほぼ日手帳2013 - WEEKS - ほぼ日刊イトイ新聞今使っている手帳は能率手帳エクセル8というやつだ。 ここ数カ月はGoogleカレンダーも使わなくなり、アナログ手帳のみになってしまった。最近はアナログ手帳バンザイなので、来年は久しぶりにほぼ日手帳にしてみ…

ほぼ日手帳

今年は久々にほぼ日手帳が気になっていて、2008年に使っていたヌメ革のカバーを引っ張りだしてみた。 意外と状態がいいので、中身だけ買って、コレ使おうかな。カバーデザインも大きくは変更していないみたいだし。

Sharpie GEL®

今日、会社のそばのファミマでおもしろい蛍光ペンを見つけた。「固形傾向マーカーSharpie GEL®」。固形??ゲル?? よくわからないままとりあえず買ってみた。 袋を開けて中を見ると、なんだかスティック糊のようなピンク色の物体が出てきた。これが蛍光ペ…

無印良品 らくがき帳

普段はらくがきするのにオキナのProject Paperを使っている。場合によっては10枚以上もバババッと使ってしまうことがあるのだが、オキナのProject Paperは少々お高くてB5版でも475円もする。このぷちリッチ感が良いアイディアには欠かせないのだが(しかも…

ハイテックCコレト 5色

久々に多色ボールペンを買った。 普段使いのボールペンとしてはJETSTREAMがほぼ定番化していて、満足しているのだけど、ひとつ不満なのはリフィルが普段の生活範囲内で手軽に手にはいらないことだ。Amazonで買えばいいのだけど、10本単位なので色によっては…

能率手帳を再び使い始めて

去年はコクヨのCampusダイアリーのB5版を使っていたのだが、結局それほど使わなくなってしまった。持ち歩くのはCampusダイアリーでも問題ないけれど、事あるごとにちょくちょく開くにはちょっと大きいと感じていた。今年は能率手帳のエクセル8をメイン手帳と…

来年の手帳は・・・

来年の手帳は「能率手帳エクセル8」にした。グランデにしようと思ったけど、まだうまく使えるかわからないので、普通のやつにしておいた。一応、補充ノートも買っておいた。 去年はSYSTEMICにキャンパスダイアリーを挟んで使っていたのだが、大判のダイアリ…

愛用のペンたち

多色ペンはJETSTREAM4&1を愛用している。これを使い始めてから、多色ペンはこれでキマリだと感じている。黒の替芯も箱買いしている。一度使い始めたらこれ以外の多色ペンはちょっと考えにくい。シャープペンシルはPILOT S3。これは結構長い間使っている。普…

紙の手帳をどうするか

Googleカレンダーをメインのスケジューラーとして使い始めて1年半位が過ぎた。 パソコンの前に座っているときはブラウザから活用し、机にいないときはiPhoneのPocket Informantというアプリで閲覧・書き込みしている。Googleカレンダーと同期できるアプリは…

最近のスケジュール管理

今年は手帳がわりにコクヨのシステミックにコクヨのダイアリーとノートを入れて使っている。 システミックにはポケットがたくさんあるので、ノートとしては重宝している。しかし、ダイアリーの方はだんだん使わなくなってきている。当初は行動記録に使ってい…

手書きメモをパソコンなしでEvernoteと連携できる便利アイテム発見! - デジタル - 日経トレンディネット

手書きメモをパソコンなしでEvernoteと連携できる便利アイテム発見! - デジタル - 日経トレンディネット ショットノートはノートに取り込み用マークが印刷しており、専用アプリで効率よく取り込み可能で、Evernoteに簡単に転送できるようになっている。 自…

MONOQLO

コンビニで本を買うことはほとんどないんだけど、今発売のMONOQLOという雑誌を買ってみた。文房具特集でなかなかおもしろい。MONOQLO (モノクロ) 2011年 03月号 [雑誌]出版社/メーカー: 晋遊舎発売日: 2011/01/19メディア: 雑誌 クリック: 3回この商品を含む…