今日は久々にゲームセンターに行った。
パチンコとかパチスロは今は全くしないのだが、コインゲームは時々むしょうにやりたくなる。
で、一度始めると熱くなってなかなかやめられない。
最近のコインゲームは結構楽しめるのが多くあって飽きない。
ひとしきり集めたら後は適当にバラまいて帰るか、ためておいて次の足しにする。
今日行ったところは初めての場所だったので、ストックコインも無く、結局最終的に5000円使ってしまった。
午後7時が過ぎたので帰ることにした。
外に出てみると、夕焼けがきれいで、うっすらと世界が薄い紫色に染まっていた。
F30のホワイトバランスは割と賢いというかアホというか、オートホワイトバランスのままで割とよく雰囲気よく写る。
厳密に賢い場合は完全に補正してしまうのだろうが、割とオリジナルの色を残して写ってくれるといった感じかな。
これだけ写ってくれるとポケットデジカメとしては最高に心地よい。
蛇足だが、コンパクトデジカメを改めて店頭で触ってみるとレスポンスや使い勝手、感触が悪いモノがたくさんある。
写りはどれもよく写るのだろうが、手に持った感触や撮影の感触には結構差がある。
手に持った時の感触は昨日取り上げたC-4040のあたりのコンパクトデジカメが秀逸だ。
F30は使い勝手や感触は悪くないが、手に持った感じはよくも悪くもない。
これまた蛇足だが、一眼デジカメのグリップっていいのがない。詳細に検証したわけではないがニコンのD50なんかはいい線行っているような気がする。

Digistillへの連絡はこちらから