デジカメWatch

欧Olympus、有効1,000万画素のコンパクトデジカメ「μ1000」
この手の高感度撮影は画素加算方式なので必然的に記録が素数が落ちる。この機種でもISO6400時には300万画素になるらしい。
いったいどの程度の高感度画質が得られるのかはわからないが、実用できるならちょっと興味があるな。
でもなんかこの手の技術は力技の強引っぽい感じがしないでもない。
フジのハニカムCCDの画質はあまり好きじゃなかった。ナンダコレって感じに思っていた。それでもフジは地道に独自路線の開発を進め、いいものを作り上げてきたように思う。フジのハニカムCCDによる高感度画質はモノ作りの良さが感じられるから気に入ったのだ。単なる組み合わせ技術ではなく、人の思いがあってこその製品の魅力だと思うのだ。
結果的に売れなくても、思ったような性能がでなかったとしても、そういう血の通った製品は独特の魅力がある。
技術者はそういうモノを作り出していかなくてはならない。と、自分にも言い聞かせてみる。