アメリカ行きが後一ヶ月に迫った。
しかし、まだバッグが決まってない。
必要なものは、スーツケースとブリーフケースだ。出張はアメリカに9日程。船舶関係の展示会で商品説明するのが任務だ。
スーツケースはある程度の容量が必要だ。
ブリーフケースは10年弱使っているバッグのジッパーが壊れていて、だましだまし使っている状態なので、今回、勢いで新調してしまおうというわけだ。
もう、ひと月弱、迷っている・・・。
メーカー問わず、一回こっきりなんとか使えればいいというのであれば、二つ合わせて1、2万円くらいでも揃うだろうけど、やっぱりある程度使えるものが欲しい。
予算は5万円。安ければ安い程いい。
国内の出張は1、2泊程度が多い。中身は仕事の資料、ノート、手帳、関数電卓、名刺入れ、携帯電話、携帯電話用充電器、財布、暇つぶし用の本、Tシャツ、パンツ、靴下、小さい目覚まし時計、その他少々。ひげ剃り、タオル、歯ブラシの類いはホテルやコンビニでも手に入るので持っていかない。ちなみに、ワイシャツもずっと同じものを着たままか、予備を一着持っていく程度だ。とはいえ、二泊以上になると手持ちのブリーフケースではパンパンになってしまう。ブリーフケースは今のものよりワンサイズ大きいもので、出来れば必要に応じてマチが広がるもの、スーツケースに装着できる構造のもの、丈夫なもの、これが条件だ。
スーツケースは60L程度の容量で、ソフトタイプ、4輪、これが条件だ。
スーツケースは、サムソナイトエースバッグのプロテカ、サンコーカバンあたりが安くて良さそうと感じた。スーツケースは使用頻度がかなり低いので、値段重視でサンコーカバンのフィノキシープラスあたりにしようと思っている。これならLLサイズで15000円程度だ。
そうすると、ブリーフケースの選択肢が広がる。メジャーどころでいえば、吉田カバンTUMIゼロハリバートン、リモアあたりも一部なら視野に入る。
いろいろ調べていたら、TUMIのブリーフケースに一目惚れしてしまった。値段とのバランスを考えるとちょっと重そうだけどエクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフ、スタイル: 26141が一番いい感じだ。これは楽天でもかなり売れているらしく、定価は63000円だが、実際は4万円弱で買えてしまう。数が出ていそうなので、オリジナリティはないが、デザインや機能面では理想的なバッグに見えた。一度そう思い込むと、もうこれしかないわけで、先日、ショップでTUMIのバッグを手にしたら、他のものが目に入らなくなってしまった。ちょっと予算オーバー気味だが、これに決めた。ブリーフケースなんて1万ちょっとも出せば結構いいものが手に入るが、思わず高い買い物をしてしまった。
まだモノは手元にないが、明日か明後日届くだろう。そして、早速来週神戸の学会に持っていくつもり。汗