レパード7:パスバー

会社では当然のごとく何年もWindowsを使っているが、正直、使いにくい。もっと正確に言うと、使いこなせるようになろうという気にならないというのかな。うまく言葉では言えないけれど、要は、Windows自体に全く興味がないのだ。反面、MacMac自体に興味がある。だから、OSが新しくなるとワクワクする。
でも、そういうWindowsもいいところはいっぱいある。その一つがエクスプローラ表示だ。Macにも気の利いた表示がいっぱいあるのだが、そのどれもが今、自分がどの階層の内容を表示しているのかがわかりにくい。カラム表示はその欠点が薄まるが、あまりカラム表示は使わないのだ。通常のアイコン表示で階層を知るには、アップルキー(コマンドキー)を押しながら、ウィンドウバーをクリックするか、あらかじめウィンドウのツールバーに階層表示アイコンを装備してそこから確認するしかない。いずれにせよ一目で自分がいまどこをみているのかがわからないのだ。その不満を解決する手段がレパードには実装された。それがFinderのパスバーだ。Finderの表示メニューでパスバーは表示することができる。これで自分が今、どの階層を閲覧しているかが一目で確認することができるようになった。欲を言えば、パスバーの上位階層のアイコンをクリックしたら内包するフォルダ一覧をメニューバー風にズルズルッと出してくれるといいんだけどな。