最近は写真を撮るために出歩くことがなくなったな。
こういうのは気分とかの問題だから、そのときが来たらまた撮りたいな。
花のマクロとかブツを撮るときには光の状態とか被写体の切り取り方とかがすごく気になる。
でも、スナップってのは写っていさえすればいい。今時のカメラはよっぽどのことがなければ、被写体にレンズを向けてシャッターを押せば何かが写る。スナップ写真はそれで十分だ。
極論すると写真なんてことはどうでもよくて、一番重要なのはそのときそこに自分がいて、写真を撮ろうとしたという事実だけだ。写真はその証拠に過ぎない。
でも写真ってのは不思議なもので、気持ちがよく写り込む。なんてのはウソで、ホントは写真を見ることと当時の気持ちがよみがえるといったところか。
別に特別なことなんてなくてもいい、写真としておもしろくなくてもいい。ただ、あのときあそこに確かに自分がいて、写真を撮りたくて写真を撮った。
正直なところ、写真を人に見せるなんてのはとても恥ずかしいことだと思う。
でも、ちょっぴり見てもらいたい、矛盾。
おそらくは自分が今ここにいるよという自己顕示により、相対的な位置を探っているような感覚。




Digistillへの連絡はこちらから