ascii.jp

ケンジントン製Bluetooth対応ワイヤレスレーザーマウス「SlimBlade Trackball Mouse」が登場!
虹色の林檎はどんな味?さんのところでこんな記事を見つけた。
自分はロジクールのCT-100を使っているが、だいぶ古ぼけてきた。
ちっこいボタンの調子が悪く、ちょっとした弾みでスクロールが止まらなくなる症状があったので一時使うのをやめていたのだが、電気的なトラブルでなく、メカニカルなトラブルのような気がしたのでつい先日分解清掃した。その後、調子はいいのだが、いかんせんボロボロなんだなぁ。よくこうなるまで普通に動いているなと感心してしまうくらいだ。もう長年使っていて慣れすぎてしまっているのもあるが、一度これを使ってしまうと、離れられない魅力があると思う。(会社では普通にマウスしか使っていないのだが、それはそれで特に不満はない。不満はないけど、満足しきれない感じかな。不満足以上満足未満みたいな・・・ってわかりにくいな)
特に目立った不満もないので、次もCT-100でかまわないのだが、あたらしもの好きとしてはなんか別のにしたいという気もある。
この記事で紹介しているトラックボールはちょっとおもしろそうに見えたが、トラックボールとして使った場合、スクロールホイールに相当するモノが見当たらないのがちょっと不安なところだ。それと、やはりトラックボールというのは手のひらですっぽり包み込むようにして使う方が楽なんじゃないかと思うのだ。
ケンジントンといえばExpert Mouseがあるが、どうなんだろう。一度店頭で触ったことがあるが、CT-100とはちょっと感触が違った。パームレスとを使えばそこそこ使えそうな気がしてはいるのだが、まだチャレンジする勇気がない。まぁ、CT-100が壊れてから考えても遅くはないので、ゆっくり検討しよう。
で、最後にお決まりのテクニック!
CT-100のボールはボナンザ処理をしたほうが滑らかになるヨ。あくまでも自己責任で・・
ただ、マジでよくなるヨ。
ちなみに、おれが今いろいろ使っているのはPRO100。以前はスプレー50を使っていたが、違いはほとんど感じない。