今日は出勤日で仕事納めだった。
最後の最後に風邪でずっこけたが、2007年ラスト2日は出勤できてよかった。
最後の最後に上司と来年、再来年の計画について話し合った。もっと自分は仕事の専門的な話を上司ともしたいのだが、それほど頻繁にできない。
自宅に帰り、散髪に行った。初めて行く散髪屋だったが、いつもの通り「短く切って」とだけ伝えて切ってもらった。先輩の紹介で行ったのだが、心使いが心地よいところだった。今時は1000円の所も増えて、自分も時々利用するのだが、いい思いをしない場合が多い。もちろん、中にはいい人もいるので、否定はしない。逆に高い金出しても、とんでもないところもあるわけだし。
今日行った散髪屋は、今やっている人の叔母の時代は矢沢永吉が通ってたらしい。ちなみに、今、自分が住んでいるのは矢沢永吉が広島時代に住んでいた区域だ。
だから、どうしたといわれればそれだけの話だが。w
その後、風呂に入り、手帳の引っ越しをした。
早速ヌメ革がデブちゃん手帳に変身した。
最近は仕事中や自宅でもなんか作業をしている傍らに手帳を必ず置くようにしている。
気になった事項やキーワードの断片のようなものを逐一手帳に記すのだ。
考えたことを文字に落とすという作業は思考に客観性を持たせるという意味でなかなかいい作業だと感じている。自分がどんなことに興味を持ち、気付き、成長したかが記されているような気がする。実際、一週間程度前のメモを見ただけで、あのときはまだこんなことも知らなかったのかと思うことも多い。
来年はほぼ日のウィークリーノートを中心としてスケジュールを組み立てる予定なので、本体側は補助情報とか思考ノートになりそうな気がする。

Digistillへの連絡はこちらから