ぺんてる エルゴノミック ウインググリップ

ぺんてるのエルゴノミック ウインググリップという奇抜な形をしたペンが前から気になっていたのだが、買うところまではいかなかった。でもなぜか、最近、急に気になりだした。
文字を書くということに関しては、もう十分にいろんなペンがあるのだが、気分で使い分けている。使い分けているというとちょっと大げさかな。普段メインで使うペンはゼブラのクリップオンマルチの4色油性ボールペンで、シャープペンシルぺんてるのTUFFが定着してきた。字の形を気にするときに使うのは、ぺんてるのプラマンか、ラミーのサファリ(万年筆)もしくはぺんてるのハイブリッドだ。後は使用頻度はかなり低いが気分で鉛筆(ハイユニ)を使ったり、パイロットのドクターグリップG SPEC(油性ボールペン)。パイロットのV Corn(水性ペン)を使ったり、ぺんてるのボールPentel(水性ペン)を使ったり、ステッドラーの925 25-20(2mm芯のシャープ)を使ったりと様々だ。
自分でもなんでかなぁと思うんだけど、手元にいろいろあるといい感じなのだ。自分のフィーリングに合うものに出会うのが楽しみなんだな。
ウインググリップの使い勝手は正直まだよくわからない。
ちょっと違和感があるなって感じの方が強い。
これが気に入ればシャープの方も買ってみようかとは思っているのだが。