三菱鉛筆 クルトガ

一ヶ月くらい前にクルトガというシャープペンシルが発売された。発売当初から気になっているけど、買ってない。
くるくる回る機構はシンプルで、ノック式のボールペン等に以前から使われていた機構だ。アイディアはおもしろいのだが、機構の原理上、芯の保持部分が書く度に微妙に沈み込んでしまう。これがちょっと気持ち悪い。
最初触ったときはコリャダメだと思ったのだが、見かける度に触ること数回、やっぱりなんか気になってしまうのだ。
昨日も広島のロフトでしばらく触っていたのだが、くるくる回る量が少なすぎて、トガるところまでは行かないような印象だった。でも、やっぱり気になるのだ。
正直、買っても使うのは最初だけだと思うけど。なんだろうな、鉛筆削りが飛び出したりする筆入れを初めて買ってもらったときのワクワク感の香りがするんだなぁ。