100円ノート術その後

100円ノート術は現在も続行中である。今日までで記録日数は16日分になっている。現段階で残りページが19ページである。おそらく来週半ばには使い切るだろう。ちょこちょことメモっているせいか項目数はかなり多い。ざっくりと100項目は越えている。かなり資料を貼っているのでメモ帳は新品時の5,6倍以上に膨れ上がっている。インデックスは2、3日に一回時間があいたときにちょこちょこと作成している。項目名はあまり神経質にならず、迷ったら「メモ」とでもしてどんどん作成している。慣れてきたら精度は上がって行くと思うのであまり気にしていない。作業ファイルはgoogleドキュメントで行っている。そのおかげで自宅でテレビを見ながらとかでも気軽にインデックス作成ができる。会社でも自宅でもすぐに同じドキュメントを開いて作業ができるというのはかなり快適だ。
現段階の感想としては100円ノート術はかなり使い勝手が良い。平たく言えば、なんでもかんでも節操なく一冊のノートにメモを書き込んでいるだけなのだが、インデックスを別途作成しているというのが妙に満足感につながっているように思う。
ちなみに、仕事の研究関係のノートは別途作成している。ぱっと思いついたことや、文献情報等は100円ノートに書いているが、実験装置の原理図やだいたいの設計図等はある程度のスペースが必要になるし、実験のデータ等は定期的に発生する情報なので別途ノートを準備しておく方が合理的だと思う。というか、100円ノートを実験ノートとして使うのはちょいとまずいだろう。