ZEBRA カラーフライト その3

今日、カラーフライトを使っていたらまた芯が折れた。こんなことはあまり経験がないのでやはりカラーフライト自体に原因があるのだろうと思った。試しに芯を1.5mm程出し、筆記する程度の角度でマウスパッドに強く押し付けてみた。すると、ポキッという音がして、芯が折れた。他のシャーペンと違うのは、折れる箇所だ。他のシャーペンはスリーブの先端、つまり芯が出ているまさにその部分が折れる。ペン内部の芯はスリーブに守られ変形しないので当然そういう折れ方をするだろうということは理解できる。しかし、カラーフライトはスリーブ内部もしくは口金内部で芯が折れるのだ。昨日述べたようにスリーブの支持が柔らかく変形が多いために、内部で芯が折れているんだと思う。芯をぺんてるのAin(B)からuniのSHU(HB)に変えたら、スリーブ内部で折れることがすくなくなった。カラーフライトはいいシャーペンだけど、使う芯を選ぶことがあるようだ。とはいえ、他のシャープに比べ得ると圧倒的に芯が折れやすいのは残念だ。
六角形というのが思った以上に使いやすいので、改良して欲しいなぁ。