中国行きのスロウ・ボート 村上春樹

ここ最近はあまり本を読む時間がなかったのだが、合間を縫ってチビチビ読んでいた「中国行きのスロウ・ボート」を読み終えた。
大学時代、村上春樹の小説の空気感が好きで一通り読んだ。でも、ここ最近は読んだことがなかった。中国行きのスロウ・ボートは自分が村上春樹の本を読みあさっていたときには既に出版されていたと思うのだが、出会うことはなかったな。
村上春樹の文章はどこを読んでも村上春樹だと思う。ただ風景を追うように読むだけで心地がいい。ストーリーがいいとか悪いとかよりも、村上春樹の小説の空気が好きだな。村上春樹の細かい描写ははまらなければただのかったるい描写なのかもしれない。でも、それらを楽しみながら追体験をしているかのように読むと味わいが出てくる。描写がほんとにうまいのだ。
特に最後の三編「午後の最後の芝生」「土の中の彼女の小さな犬」「シドニーのグリーン・ストリート」は好きだなぁ。最後のシドニーのグリーン・ストリートには羊男も出てくるし。
何度も読みたくなる傑作だと思う。
ただ、一方では村上春樹の小説は漫然と読んでいてもよくわからない難解さもあるように思う。何かを言っているようだぞということは伝わってくるのだが、それが具体的にどういうことを言っているのかよくわからない場合が多い。
また、「ノルウェイの森」とか「風の音を聴け」、「1973年のピンボール」(何度読んだことだろう・・)、「羊をめぐる冒険」などなど読みたくなった。

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

中国行きのスロウ・ボート (中公文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)

1973年のピンボール (講談社文庫)

1973年のピンボール (講談社文庫)

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)

羊をめぐる冒険(下) (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)