日経トレンディネット オリンパス「ペン E-P1」、他社製レンズ装着時の画質を検証

記事
E-P1にはコンパクトデジカメの特徴である被写界深度の深さもないし、接写もマクロレンズを付けないとできない。当然、望遠レンズとなるとサイズがバカでかくなる。さらにE-P1にはフラッシュもない。
コンパクトデジタルがコンパクトデジタルたりえるのは撮像素子が小さいからだ。それによるデメリットもあるが、メリットも大きいと思うのだ。コンパクトデジタルカメラは撮像素子が小さくなくてはならない。撮像素子が大きいというだけで、E-P1はコンパクトデジタルカメラの良さがスポイルされている。
だからといって、E-P1を否定するわけではない。E-P1はあくまでもE-P1としてのよさがあると思うのだ。ちゃんとわかって使うなら、いい道具になるだろう。EVFとフラッシュが内蔵されたら、自分も欲しいと思うかもしれない。