別府弁天池

今日は山口方面に行った。雨が降ったりやんだりのあいにくの天気だったが、時々晴れ間も見えた。

あちこちちょろちょろ移動したのだが、最後に秋芳洞のそばの別府弁天池というところに行ってみた。最大水深は高々2,3m程度のように見えた。池というより、むしろ広大な湧水地って感じ。観光地というよりも、隠れた名所的雰囲気だった。とはいえ、数人は観光客が居た。別府弁天池は小さな池なのだが、色がすごかった。何ともいいがたい透き通った青緑なのだ。青緑といっても植物性の色ではない。エメラルドグリーンといった方が適切かもしれない。水はとにかくきれい。この手の色は銅系の色で毒っぽいなとも思ったのだが、実際は飲めるらしい。貝や魚などもいたので、毒性はないのだろう。同一水質の水が飲めるようになっているのだが、とてもおいしい水だった。わざわざいくにはちょっと地味なスポットだが、秋芳洞に行ったときには、ぜひ立ち寄ってもらいたい。


ちなみに、今日はF30だけ持ち歩いた。
今のままの状態ではK-7はなんか自分の持ち物のような気がしない。早く回答が来るといいんだけどな。