デジカメWatch オリンパス・ペンE-P1でフォーサーズレンズを使う

記事
どれもちょっと不自然なスタイルになるような気がした。あの手のレンズを使うなら普通の一眼レフスタイルのカメラのほうが似合うと思う。スタイル重視のカメラなので、やはり、レンズもそれなりのものを準備するしかないだろう。しかし、問題は現段階で純正の交換レンズが2本しかないことだ。E-P1路線の成功はレンズのラインナップの充実にかかっているだろう。ちなみに、ルミックスのGシリーズレンズはマイクロフォーサーズ対応のレンズだが、そのほとんどはズームレンズなので、やはりE-P1にはあまり合わないような気がする。EーP1にはコンパクトな単焦点が似合うと思うのだが、そういうレンズは出てくるのだろうか。「デジカメWatch オリンパス、「E-P1」の発表会を開催」に次のように書いてある。

レンズは、既報の通りマイクロフォーサーズ用の「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6」とM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」を用意したが、今後、2010年春までに小型超広角ズームレンズと小型高倍率ズームレンズを用意するロードマップを明らかにした。そのほかにも、趣味性の高いレンズやマクロレンズなどのラインナップも検討しているという。