「増山たづ子 徳山村写真全記録」が届いた

Amazonから「増山たづ子 徳山村写真全記録」が届いた。新刊では手にはいらないので、中古だ。ネットで古本を買うのは初めてだったので、ちょっと不安だったが、問題なかった。表紙にスレ感はあるが、1997年の初版第一刷にしてはきれいだと思った。本文は新品同様と言ってほどきれいで、丁寧に扱われていたんだろうということがわかる。これが定価よりも安く手に入ったのだから、いいものが手に入ったと言えるだろう。
これからじっくり鑑賞してみよう。

  • -

っていうか、はじめてカメラを手にしたという日の1枚目の写真、いきなりシャッターチャンスバッチリ、よーいどんの瞬間にシャッターが切れている。ピストルから煙が出ているのに、まだ誰も走りだしていない。おそらく音がなるのを見越してタイミングを見計らってシャッターを切っているのだ。音が聞こえてからシャッターを押したんじゃ、こうはならないだろう。
そして、驚愕の二枚目。なんと、流し撮り。リレーでバトンを渡そうとしているジャージ姿のおっさんのブレはなく、背景が流れている・・・。うーむ。しかも、カメラがピカリコニカという・・。
1万5千円で手にいいれたピッカリコニカにカメラ屋でもらった期限切れのフィルムを詰め、運動会を撮影したらしいが、なんとカメラ初体験にして、15本のフィルムを使い切ったって書いてある。32枚撮りだとしたら、480枚。多分、デジカメでもこんなに撮影する人は少ないんじゃないだろうか。
あ、本人も、これは流し撮りだよって教えてもらってる。w
この写真集、本文もなかなかおもしろい。

増山たづ子 徳山村写真全記録

増山たづ子 徳山村写真全記録