ダブルズームキットからのステップアップ(3)――ニコン「D3100」&ソニー「NEX-5N」編 (1/4) - ITmedia デジカメプラス

ダブルズームキットからのステップアップ(3)――ニコン「D3100」&ソニー「NEX-5N」編 (1/4) - ITmedia デジカメプラス
PENTAXならダブルズームからのステップアップとしてオススメなのは、DA35Macro Limitedだ。自分はK-7を買った時、ボディとこのレンズだけを買って、しばらくレンズ一本で使っていた。一眼レフには趣味性を求めているからそれでもなんの問題もなかった。利便性を求めればコンパクトカメラのほうが便利だと思うからだ。
このレンズの素晴らしい点は、35mm換算で約50mmといういわゆる標準レンズでありながら、等倍までのマクロ撮影ができるということだ。用途を限れば、ズームレンズよりも便利に使える万能選手といえる。安価なDA35もあるが、自分はMacro Limitedの方をオススメする。Macro Limitedの方が少し暗いんだけどね。
小さいカメラが好きなので、PENTAXの一眼レフに単焦点レンズの組合せは一眼レフとしては理想的だ。Limitedレンズを組み合わせて使うためだけにPENTAXを選んだといっても過言ではない。そういうカメラの選び方があってもいいと思うのだ。
言い換えれば、ズームレンズ使うなら社外品も充実している他社のカメラを視野にいれることも考えられる。メーカーには全然こだわりがないので、特にPENTAXに入れ込んでいるというわけではない。
ちなみに、単焦点レンズを主に使う理由は、
1.カメラ(+レンズ)が小さくなる
2.固定焦点距離で撮影する方が趣味性が高い(と、勝手に考えている)
3.標準ズームレンズよりレンズが比較的明るい
こんな感じかな。
2に関しては人それぞれ感じ方があると思うけど、わかる人はわかるだろう。