呉を少し歩いてみた

初めて歩く街は、距離感をつかむため、コンパクトデジカメを首から下げて、何気なくシャッターを押して歩く。
呉の街はどこか懐かしい空気が漂っていた。いろんなものが渾然一体となった不思議な空間だと感じた。こんな風景がいつまでも続いていて欲しいと、そんな気持ちでシャッターを切った。ここはもう少し記録を残しておいたほうがよさそうだなぁ。