PILOT カクノ

最近、イケナイ文房具病が出てきている。ちょっと前、近所の書店に文房具を置くようになったからだ。そこで見かけてちょっと気になってたのが、PILOT カクノ。子供用の万年筆だ。

万年筆はこれまでラミーのサファリとか、ペリカーノジュニアとか、安い物を使ったことがあるのだが、どちらもそのうち使わなくなった。特に万年筆が嫌いとかそういうのではないけど、ボールペンよりも気安く使える感じがないし、ちょっと使わないとインクが詰まったりして、めんどくさくなって自然と使わなくなるのだ。

しかし、万年筆へのあこがれのようなものがあって、練習として安いのを買ってみたという感じだ。

カクノをはじめて見た時は、和製ペリカーノジュニアか、ふふんって感じだったのだが、ネットでの評価が気になって買ってしまった。

 パッケージはこんな感じ。色は大人っぽいグレーを買った。

価格は定価が1000円と非常に安い。

ウェブ上の情報によると、カクノのペン先はcocoonという3000円のペン先と同等のものらしい。そう考えるとちょっとお得感がある。

参考:

ペン先、インクを知って使い分けたい。静かなブーム、万年筆の選び方を超ていねいに解説 - エキレビ!(1/3)

P1050487.JPG

中には本体、キャップ、カートリッジインキ(黒)1本、取説が入っている。

P1050488.JPG

万年筆といえば、なんとなくブルーブラックがカッコイイと勝手に思い込んでいて、別売のブルーブラックを最初から使うのだ。

P1050489.JPG

左がカクノ、右がペリカーノジュニア。サファリは行方不明・・・

サイズはよく似ている。ペリカーノジュニアは軸が太く、グリップ部分もちょっと太い。手で持ったときの筆記用具としてのバランスがよく、カクノの方が好み。ペリカーノジュニアも決して悪くないのだが、グリップがゴムでちょっと太めのため、いかにも子供向けの万年筆って感じがする。

これは案外見逃してしまうポイントかも知れないが、樹脂成形品としての完成度というか、仕上がりのよさはカクノの方がよい。バリが少ないし、金型の精度や仕上げがいい。この辺の微妙な違いは全体の仕上がりを大きく左右すると思う。ペリカーノジュニアにある微妙な安っぽさはその辺にもあるのかもしれない。

P1050490.JPG

 

ペン先。カクノには笑顔が~。(╹◡╹)

P1050492.JPG

 

キャップを閉じたところ。

カクノは軸もキャップも六角形だし、さらに転がりを防止する小さな突起もついているので、机に置いた時転がらない。

P1050493.JPG

 筆跡。上がカクノのF(ブルーブラックインク)、下はジェットストリーム。ペリカーノジュニアと比較したかったけど、インクがなかった・・・

線の太さは0.7mmのジェットストリームとほぼ同じかちょっと太いくらいかな。細字のFなのでちょっと硬い感じがするが、ノートや手帳などに日本語を書くならこのくらいの太さがちょうどいいと思う。ジェットストリームのようなボールペンとはまた違った書き味だ。しばらく筆記していると、万年筆独特のサラサラ感が心地よくなってくる。長時間筆記するのには万年筆が適しているのかも。

ブルーブラックはちょっと薄く感じる。使い終わったらやっぱり黒にしようかなぁ。

P1050494.JPG

 

アイディア出しの時などはもう少し太い線のほうが良さそうだ。ということは、Mも買えということか。しばらく使ってみてから判断しよう。 

 

 

 

 

 

 

パイロット 万年筆用 コンバーター【2個】CON-50

パイロット 万年筆用 コンバーター【2個】CON-50

 

 

 

パイロット 万年筆コンバーター CON-20

パイロット 万年筆コンバーター CON-20

 

 

 

 

パイロット コクーン 万年筆 細字 チタン

パイロット コクーン 万年筆 細字 チタン