カクノ M

先日、店頭にカクノのMがあったので試し書きしてみた。Fも安定した筆記が可能なのだが、Mはそれに加えて滑らかさも加わり、いい感じだった。Mといってもニブがステンレスで硬いせいか、線もそれほど太くない。ササッと走り書きしたりするのに良さそうだったので、今日、買ってきた。

下からカクノM、カクノF、カスタム74FM、ペリカーノジュニア(多分F)。サファリは未だ行方不明。

P1050593.JPG

 

しかし、価格が10倍もするカスタム74FMの書き味よりもスムーズなのが納得いかない。気になるので、ペンポイント拡大して観察してみた。

上の順にペンポイントの拡大写真。

↓カクノM(インク充填前)

f:id:digistill:20150105212343j:plain

↓カクノF(ちょっと斜めった)

f:id:digistill:20150105212345j:plain

↓カスタム74FM

f:id:digistill:20150105212348j:plain

↓ペリカーノジュニア(多分F、インクが干からびたまま)

f:id:digistill:20150105212340j:plain

専門家ではないので、これをどう判断すればいいのかはよくわからないけど、一見して目立つのはカクノのペンポイントの間隔は広い。おそらくそのせいでインクのフローがいいのだろう。また、ステンレススチールなのでしなりが少なく、安定した筆記が可能なのだろうと思う。一方、カスタム74FMのペンポイントの間隔は非常に狭い。というかほとんどくっついている。ティッシュにペンポイントを押し当てたとき、カクノはインクがスーッとティッシュに吸い込まれていくが、カスタム74は少し押し付けないとインクが吸い込まれていかない。このことから判断して、カスタム74は少し筆圧をかけないと筆記ができないのも頷ける。

万年筆初心者であるところの自分としては、カクノのMが一番気持ちよく文字を書くことができる。カクノのMなら6mm罫のノートでもそれほど違和感なく筆記できる。

P1050594.JPG

 

最後にちょっと高画質で。

左がカクノF、右がカスタム74FM。カスタム74は先端は少し開き気味で、付け根からがピタッと閉まっている。カクノは先端からほぼ同一間隔で広めに開いている。カスタム74はニブの間隔を広げればもっと滑らかに筆記できるのだと思う。

来月、広島でセーラーのペンクリニックがあるので、持って行ってみようかなぁ。このまま使い続けても、そのうち多少開いてくるだろうから、その時まで我慢して使い続けるというのもおもしろそうだけど。P1050589.JPG

 

万年筆もなかなか奥が深いなぁ。