今日買った本(乱読のセレンディピティ)

最近はネットのブログとかで紹介されている本からおもしろそうな本を選ぶことが多くなった。おもしろそうだなと思ったら、Amazonアプリを使ってほしい物リストに放り込む。書店に行ったら、ほしい物リストを見たりしながら、あれこれ物色する。

こういう買い方をするようになってから、これまではあまり手を出さなかった本の魅力に気がつくことが多くなった。スマホやインターネットは使い方次第ではものすごく便利なツールになりえる。

今日購入したのは「思考の整理学」の著者 外山滋比古の「乱読のセレンディピティ」。まだ読んでないけど、パラパラとめくるだけでおもしろそう。読み出したら一気に読んでしまうと思う。そうだ、最近はKindleをさっぱり使わなくなってしまった。時々はKindleでもいいかなぁと思う本もあるけど、しっかり読みたい本はやっぱり紙の方がいい。最近、だんだんそう思うようになってきた。

しかし、積ん読もだいぶ増えてきた。読むスピードよりも買うスピードのほうが早いからしょうがない。紙の本は物理的な空間を専有するのが難点だ。

 

乱読のセレンディピティ

乱読のセレンディピティ

 

 

 

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)