LAMY サファリ EF

サファリのFをなくして数日、サファリのMを使っていたが、日本語筆記で常用するにはちょっと太いかなと思い始めた。パイロットキャップレスのFを持っているので、サファリのEFは太さが被るかもしれないと思い、迷ったんだけど、サファリのEFを一度使ってみるのも悪く無いと考えた結果、Amazonでご購入。万年筆は多少高くても実店舗で買うほうがいいかと思うんだけど、今回は買うきっかけが紛失ということもありAmazonで安く買うことにした。Amazonだとコンバーターと一緒に買っても3000円位だからなぁ。

購入したのはブラック。このブラックというのはつや消しの黒だ。色は黒というよりも濃い茶色に近い。

P1050794.JPG

実際に筆記してみると、キャップレスのFよりもむしろちょっと太い気がする。

P1050795.JPG

 

手持ちの万年筆と簡単に比較してみよう。

サファリのMは結構太くてしっかりした筆跡だ。ヌラヌラと書けるというより、太い分筆記感が少し重い気がする。

サファリのEFはFよりもちょっと細い気がするけど、そんなに大差がない。

キャップレスのFは適度に細く、サファリのEFに似ているが、筆記感は全然違う。しなやかだけど芯があり、軽い筆圧でもピシッと書ける感じ。この筆記感は実際に書かないと伝わらないかも。万年筆って太さだけじゃないんだと実感する。

カクノのFはかなり細く、筆記感も固いため針金で書いている感じがしてあまり好きじゃない。

カクノのMは太さと筆記感のバランスがいい。ただ、少し固い。

サファリの筆記感は金ペンともカクノのような安価な鉄ペンとも違う独特の筆記感だと思う。買った瞬間から縦横無尽にスムーズに書ける品質はさすがだ。味わい深いというよりも、安心してガンガン筆記できるけどどこかしなやかさも隠し持っている感じ。

サファリのEFは結構太いので日本語を筆記することを想定するならこれでいい気がする。FをなくしたことはEFに出会うきっかけだったと思えば、いいかな。

(;´∀`)

**********

なくしたFのサファリは筆記角度がちょっと外れると紙に引っかかるような感触が強かった。この傾向はMニブのサファリにもある。また、Mニブの場合、ペンポイントが大きいせいで意外とおいしいところで書くのが難しい。EFのサファリは角度を変化させても紙に引っかかるような感じがあまりない。結構適当に書いてもクセなく書ける感じだ。

 

 

 

 

LAMY サファリ ブラック 万年筆(EF) スチールペン先 L17-EF 〔正規輸入品〕

LAMY サファリ ブラック 万年筆(EF) スチールペン先 L17-EF 〔正規輸入品〕