特別企画:本体だけでここまで!ニコンCOOLPIX P900で「月」を撮る - デジカメ Watch

特別企画:本体だけでここまで!ニコンCOOLPIX P900で「月」を撮る - デジカメ Watch

P610を購入した一つの動機が月を撮ってみたかったからだ。

K-7にDA55-300を装着してもAPS-Cなので35mm換算で最大450mmまでの望遠しかできない。通常の撮影ではこれでも十分すぎる焦点距離なんだけど、月を撮るとなるとかなり物足りない。

P610の場合、高額ズームで1440mm相当、デジタルズームを使うと2880mm相当の焦点距離で撮影できる。クレーター一個一個を観察するのでなければこれで十分だろう。

P900はデジタルズームを併用することで8000mmまでの撮影ができるようだが、こうなるともはや望遠鏡だ。ただ、P900はかなりでかい。また、カメラの格もP610と大差なく、高級一眼レフのようにシュパシュパッとフォーカスが合うわけでもない。まぁ言えば、1.4倍ほど光学倍率が上がることに対して、価格とボディサイズの差に見合うだけの価値を見出せるかという点がP610を選択するかP900を選択するかの分岐点になると思う。