完全独習 統計学入門

 最近ちょっと統計を学びなおそうと思うきっかけがあって、昨日、飲み会の帰りに酔った勢いで本を買ってきた。

完全独習 統計学入門という本だ。

完全独習 統計学入門

完全独習 統計学入門

 

専門以外の本は良質で簡単な本を最初は読むようにしている。

まだ第4講までしか読んでいないが、この本は統計学の入門書としてかなりわかりやすく、本質が理解できるように書いてある。正直、この辺くらいまでの知識ならすでに頭の中には入っている「つもり」だったけど、改めてこの本で復習すると、なるほど、そういうことだったのかと発見が多々あった。わかってそうで本質がわかってないという感じかなぁ。

数ページ読んだだけで統計の本質を把握できるように丁寧に工夫されて書いてあることがよくわかる。中学数学以上の数学は使わないと宣言している通り、数学的に難しいところは何もない。著者の統計学への愛というか、読者への良心が詰まった良書だと思う。

統計学を学びなおしたい人はまずこの本から始めるといいと思う。これは基本だけど、計算用紙と鉛筆、計算機を手元に置きながらちゃんと自分で計算して読み進めることをお勧めする。

P1060416.JPG