使用頻度が急上昇しているペン

最近、使用頻度が急上昇しているペンがある。それはトンボのZOOM505だ。

P1060424.JPG

少し前に使い始めたこのZOOM505だが、実は結構クセモノで、裏抜けがすごく、中途半端な紙だと速攻で裏までインクが染みこむ。まぁ、それでもあまり気にせず使ってるのには理由がある。

水性インク独特のスムーズな書き味とペンの重量バランスが書いていて気持ちがいいのだ。油性インクのようなボタもないし、万年筆ほど気を使わない。メモ帳などにザザッとアイディアを出すときなどに最適なのだ。

ちなみにアイディアだしに使っているのはオキナのプロジェクトペーパー(A4)。これはもうずっと愛用している製品で、会社でも自宅でも机の上には必ずこれが置いてある。パパっとメモしてザっと捨てる。裏は使わないし、スカスカでも結構あっさり捨ててしまうんだけど、一日に何枚も使うものでもないので出費としては大したことない。下のリンクの5冊セットの場合、紙一枚あたり3.76円。これを高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれかもしれない。