EDiTアイディアノート

今日はもう一個文房具ネタがある。EDiTアイディアノートというノートを買ってきた。

この手のお高いアイディアノートで思い出すのは、ニーモシネかな。結局1ページも活用せず、チョー高い雑記帳となったという苦い記憶がるだけに、悪い予感しかしないのだが、気になると買わずにいられない。

P1060446.JPG

P1060448.JPG

P1060450.JPG

 

普段、アイディア収集はEvernoteで行っている。手書きメモなどもスキャンしてEvernoteに取り込む。しかし、実際のところ、取り込むだけ取り込んで十分な活用ができていないと感じている。

仕事柄、アイディアが勝負の半分くらいは占めていると思うんだけど、実際のところ脳内熟成する場合がほとんどだ。忘れずに、また繰り返し思考するために項目を書き出したり、ひとりブレーンストーミングをしたり、仕事仲間と議論したりしてアイディアを育てたり、捨てたりしているけど、系統的に何かができているような感じではない。

一度考えはじめたら何年でもしつこく同じテーマを追い続ける諦めの悪さだけは自信があるんだけど、もう少しアイディアをこねくり回すツールというか方法論を身につけたいところ。

このノートが何かを変えてくれるとは思っていないけど、何かのきっかけになれば安いものだ。