キヤノン、EVF搭載の1型コンパクト「PowerShot G5 X」 - デジカメ Watch

キヤノン、EVF搭載の1型コンパクト「PowerShot G5 X」 - デジカメ Watch

あれ、よく見ると、G5Xかっこいいな。

撮像素子は1インチの有効約2,020万画素CMOSセンサー。レンズは35mm判換算での焦点距離24-100mm相当、F1.8-2.8の4.2倍ズームで、最短撮影距離は広角端が5cm、望遠端が40cm。手ブレ補正機構も搭載。

開放F値がF1.8で望遠端でもF2.8を維持しているのはなかなかのものだ。自分が使っているXZ-1が28mmからの4倍ズームでF1.8-2.4なんだけど、レンズが明るいというのは絶対的に便利。1型ならボケ表現もある程度は楽しめるだろう。

ズームレンズを実装したコンパクトカメラとしてはほぼ理想的なスペックだと思う。236万ドットの有機ELのEVFも実装しているのも悪くない。露出補正専用のダイアルもあるので、露出補正もやりやすいと思う。また、レンズ周りにはコントローラーリングがあるので、おそらくマニュアルフォーカスとかができるんだと思う。さらに、フロント部分に電子ダイアル、背面にコントローラーホイールがある。何に使うのかはよくわからないけど、なんか便利に使えるんだろう。

ここまでこだわっているんだから動画も4K対応ならいいのに、動画は60pフルハイビジョン。まぁ、実用的には十分だと思うけど。

サンプル画像を見ると、画面周辺の締まりが少し甘い気もするけど、解像度はコンパクトの域を超えているように思う。APS-Cの一眼レフと比べるわけにはいかないが、普段使いなら何の問題もない。

こういうカメラは手元に一台あると便利に使えると思う。旅行に一台持っていくならこういうカメラがいい。