フリクションボールのインクの減りが予想より早かった

ドキュメントスキャナとかEvernoteとか使いまくっていて、わたしはチョーデジタル人間です!と、思いきや、実は、結構手書きを多用している。

例えば、同一フォーマットで書類を複数枚作成しなくてはいけない場合、作業をした後にポチポチとパソコンで入力するのはチョー無駄だと思っている。入力そのものも無駄だし、ファイルの管理が面倒だし、いいことがない。作業しながら手書きすれば、作業と同時に資料作成も終わる。社内で使うだけの書類にそんなに手間をかける必要はない。

手書きした書類はドキュメントスキャナでスキャンして、デジタル化するのは忘れない。スキャン後に適切なノート名をつけておけば、別段整理しなくても検索すれば事足りる。Evernoteは手書き文字とか、印刷文字をテキストとして認識してくれるので、ノート名すら必要ない場合も少なくない。特に印刷文字の認識率は結構高い。パソコンという便利な道具を使っておきながら、紙ファイルと同じような方法論でファイル管理をする必要はないと思う。いかに時間と手間をかけずに、必要な情報を必要な時に引き出せるかがポイントだ。

手間をかけないことに関しては、手間をかけるのを惜しまない。「健康のためなら死んでもいい」とは思わないけど。自己矛盾といかに上手に折り合いをつけて生きていくかが人間力というものだ。

そんなわけで、今日、その手の作業にフリクションを使った。そんなに大量に書いたわけでもないような気がするんだけど、インクが想像以上に減っていた。リフィルのストックが必要だなぁ。

 

P1060533.JPG