デジタルカメラ - 価格.comプロダクトアワード2015

デジタルカメラ - 価格.comプロダクトアワード2015

コンパクトカメラ部門の金賞はニコンのP610。P900とニコンがワンツー受賞だ。

P610はそこそこコンパクトなボディで60倍ズームが手持ちでも撮影できるという驚異のカメラだ。ワイドも行けるし、接写もそこそこいける。オートフォーカスも実用的に十分速い。画質はコンパクトカメラを超えるものではないが、普通にきれいに撮影することができる。

コンパクトカメラらしい万能コンパクトカメラだ。こういうコンパクトカメラらしいカメラが好きだ。そこそこ買いやすい値段も魅力的。

もうこれは見た瞬間にほしくなった。実際使っているかというと、そんなに使ってないなぁ・・・。

個人的には次点はGR II。GRを持っているなら買い替えるほどのものではないが、今年発売されたカメラの中から選ぶとすればGR IIということになる。

GRはもう理屈抜きにいい。28mmの単焦点で比較的コンパクトで堅牢なボディにAPS-Cの余裕のある撮像素子を実装している孤高のカメラ。変な癖もなく、普通に使える硬派なカメラだ。ズームがいらないなら間違いなくこれをお勧めする。まぁ、わからん人にはわからんカメラなのかもしれない。

併せて買うといいのは、純正のカメラケースGC-5。なんの変哲もない普通のケースだけど、出し入れしやすく、GRを保護するのにばっちりだ。GC-5に入れてしまえば、バッグだろうが、リュックだろうが、スーツケースだろうがたいていの場所に気軽に放り込んでおける。ちなみに、ストラップは付属の細くてしょぼいのがベスト。軽くて邪魔にならない。ブラブラとぶら下げるのにはちょっと不安があるが、そもそもそういうふうに使うものとは思っていないので、これで必要十分だ。

ただ、不思議なことにGRとGR IIの価格差は数千円しかない。GR IIはWi-Fiが実装されたり、ホワイトバランスのアルゴリズムが最適化されたらしい。しかしながら、Wi-Fiが実装されたがために、Eye-fiが使えないし、ボディも少しでかくちょっぴり不細工になってしまった。ホワイトバランスに関していえば、自分は基本的にRAWでしか撮らない上に、Lightroomで現像してしまうので、ほとんど何のメリットも感じない、あえてGRを選んで買う人が多いのかもしれない。

P1060590.JPG

P1060592.JPG

P1060593.JPG

 

 

 

 

 

RICOH デジタルカメラケース ブラック GC-5 175790

RICOH デジタルカメラケース ブラック GC-5 175790

 

 

RICOH デジタルカメラ GRII 初回生産限定セット 175850

RICOH デジタルカメラ GRII 初回生産限定セット 175850