【メーカー別「撒き餌レンズ」まとめ】ペンタックス:Limitedから1万円台までの個性派チーム見参! - デジカメ Watch

【メーカー別「撒き餌レンズ」まとめ】ペンタックス:Limitedから1万円台までの個性派チーム見参! - デジカメ Watch

デジタル一眼レフは1台しか持ってない。ペンタックスのK-7だ。

それはともかく、ペンタックスを選んだ理由はただ一つ。Limitedレンズが使えるから。K-7を購入した時もレンズキットは買わず、ボディ単体とDA35MacroLimitedをそれぞれ購入したくらいだ。ボディが小さめで堅牢なのもペンタックスの魅力だろう。ペンタックスは操作性もいい。K-7を未だに使い続けているのは、気に入っているからという一言に尽きる。フォーカス速度とか暗部ノイズとかそれほど大きな問題ではない。当然、より使い勝手がよく、より画質がいいのは魅力ではあるが、価格に見合う魅力を見出すタイミングにならないと買い替えることはないだろう。

その後、DA21 LimitedとDA70 Limitedを購入した。35mm換算で32 mm, 53 mm, 105 mmとなり、この3本で広角、標準、中望遠をカバーできる。唯一、ズームレンズとしてはDA55-300を入手した。このレンズがあれば屋外のありとあらゆる被写体に対応できる。広角を割り切れば便利ズームとして十分使える。

P1060621.JPG

 

一番使いやすいレンズはDA35 Macro Limitedだと思う。標準レンズとして使いやすい画角だし、何といっても等倍相当までよれるマクロレンズはテーブルフォトにも使いやすい。

デジタルWatchの記事で紹介されているDA35F2.4はDA35 Macro Limited(F2.8)よりもレンズが若干明るく、安価なのが魅力だが、予算に余裕があるならDA35 Macro Limitedかなとは思う。

これらを普通のバッグに入れてガチャガチャ持ち歩くもんだから、レンズの外装は傷だらけだけ。でも、改めてみるといい顔している。こういう実用的な道具はある程度使い込んでる方がかっこいい。報道カメラマンとかのカメラを見ると、時々ボロボロのを持ってる人がいるけど、個人的にはどの辺がどんな風に傷ついてるのかとか気になる。

見た目が一番気に入ってるのはDA21かな。これはニコンのFM3AにずっとつけっぱなしにしていたAi Nikkor 45 mmに雰囲気が似ているからだ。

↓左がペンタックスDA21、右がニコンAi Nikkor 45mm

P1060623.JPG

P1060624.JPG

P1060625.JPG

 あと、そろえるならDA15 Limitedあたりかな。これからそろえるならDA20-40 Limited WRという手もある。これはLimited版ズームレンズで防水機能がついているのが魅力だ。

プロの道具として選ぶならニコンとかキヤノンが無難にいいと思うけど、趣味のカメラは気に入ったものを使いたい。ちなみに、自分はメーカー自体には何のこだわりもない。