手帳の使い分け、その後談

今年はNOLTY U 365とほぼ日手帳の2冊の手帳を使っている。去年までは能率手帳ゴールド(普及版サイズ)のみだった。
まず、 NOLTY U 365だけど、使用感は全く違和感がない。ウィークリータイプの手帳と違い、1週間を概観することはできないんだけど、1ヶ月仕事に使ってみて月間ブロックで事足りることに気がついた。月間ブロックには主なスケジュールの名称や略語のみを記し、時間や場所、連絡先、概要などの詳細は1日1ページに書く方法。大きく変わったのはノートのあり方。測量野帳をあまり使わなくなった。メモは1日1ページで事足りるし、会議メモなどはいつも机の上にあるアピカのプロジェクトペーパー(A4)で取り、要点だけをあとで書き写すようになった。これが仕事の整理や振り返り、アイディア出しに役立っている。欠点は作業着のポケットにどうやってもねじ込めないことくらいかな。紙質もよく書きやすい。予定を1ヶ月見られるのも悪くない。
ほぼ日手帳の方はどうなったかというと、ライフログというよりはメモ帳+日記帳になってしまっている。1日1ページで使うこともあれば使わないこともある。スペースが足りない時は空いたところに書き込んだりもする。1日1ページのメモ帳というのは意外と便利で、何があったかを振り返るのに都合がいい。以前から手帳にもっと記録したいと思っていたので、その欲求はほぼ満たされている。使い方はおしゃれでもなんでもなくて、黒いインクの万年筆で、ばばーっと書いてあるだけだ。