読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年筆のキャップの方式

万年筆のキャップはスクリュー式が一般的だけど、勘合式といってパチンとはまるタイプも結構ある。カクノ、サファリ、コクーンをはじめ安価な万年筆は勘合式が多いけど、実用性は勘合式の方が高い。今日、一日、コクーンを使って改めてそう思った。特殊なところだと、キャップレスというのがあって、ノックするとちっこいニブが内部から出てくる。軸を回転させてニブが出るような方式もあるようだ。

下の動画はダラダラ長いけど、勘合式、スクリュー式、キャップレスを使ってみた様子。