読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

万年筆の筆記音

万年筆の筆記感をカリカリとかヌラヌラ、サリサリとかってよく表現しているのを見るけど、果たしてどんな万年筆がいいのだろう。

結果的にいうと、好みとしか言いようがない。実際は音ではなく、手に伝わる抵抗感とか振動とかそういうのが総合的に指先に伝わる感覚が重要だと思う。

下の動画はプロフィット21(長原さん調整)とキャップレスF、コクーンFを順々に2回書いたときの動画だ。

プロフィット21はサリサリした感じだけど抵抗感が軽い。ペリカーノジュニアも似たような雰囲気がある。軽快な筆記感で、さわやかな印象。

キャップレスは典型的なヌラヌラ系だ。ただ、太さがFと細いので抵抗は小さい。ヌラヌラ系は必ずしもいいとは言えず、太めでヌラヌラだと抵抗感を感じたりする。カクノのMとかがそんな感じ。ヌラヌラ系が好きな人にはいいと思う。

コクーンのFはカリカリ系に見せかけて、ヌラヌラ系の要素も持っている。ペン先は滑らかでヌラヌラ系なんだけど、細いから強めに筆記するとカリカリしている印象を受ける。でも、それなりの筆圧で書くと引っかかり感はなく、気持ちよく筆記できる。

この3種類だけを見ても、全部雰囲気が違う。どれがいいとか悪いというのはなくて、ケースバイケースで使いたいペンが変わる感じだ。ちなみに、全部お気に入り。

例えば、手帳に書き込むのはコクーンF。これは細さとしっかりしたニブが小さな文字を書くのに適しているからだ。

長時間ノートに筆記するのはプロフィット21。なんだかんだ言って、圧倒的に書きやすい。

キャップレスは実はあまり使っていない。優等生過ぎて、大切に使いたいからだ。たまに引っ張り出して、使う感じ。

手持ちで撮影しているので、なんかめちゃめちゃな動画になっているのはご容赦ください。

(;^ω^)