リーガルパッドにはゲルボールペンがよく似合う

リーガルパッドにちゃちゃっと殴り書きするのにいい万年筆を模索してきたが、ここ最近の結論は、ゲルボールペンが一番よく似合う。

下の写真は安価な単色ボールペン。下から、三菱鉛筆 ジェットストリーム0.7(いわゆる新油性ボールペン)、ぺんてる .eボール0.7(古典的な油性ボールペン)、ゼブラ サラサクリップ0.5(水性ゲルボールペン)、パイロット ジュース0.5(水性ゲルボールペン)。

R0006425

ジェットストリームはここ数年気に入ってずっと使っているボールペン。信頼性も高く、濃くくっきりとした線と滑らかな書き心地が油性ボールペンとしては革新的だ。しかし、若干滑りすぎる傾向があり、長時間筆記だと意外と疲れてしまう。0.7よりも細い方がいいのかもしれない。

.eボールはいわゆる普通のボールペン。一番ラフに使っても壊れなさそうな安心感がある。しかし、ある程度筆圧を書けないと線が引けない感じがあり、若干疲れる。実際にはそれほど筆圧をかけなくても書けるんだけど、若干線が細いように感じる。力が入りやすいのは、他のボールペンと比べるとインクの色が若干薄いせいもあるかもしれない。書き心地自体はジェットストリームより好みかも。

サラサクリップ、ジュースはすごく書きやすい。万年筆のように筆圧をかけずにさらさらと筆記するという感じではないが、自然な筆圧でなめらかに書ける。線が濃いので、視認性が高く、無駄な力が入りにくい。以前も書いたように、油性ボールペンのようなすべり感がなく、ペン先が紙と摩擦している実感があるため、安定した筆記が可能だ。この辺は好みもありそうだが、自分はある程度筆記感があるほうが好きだ。サラサとジュースはどちらかといえば、ジュースのほうが好きだけど、筆記しだすと正直どっちでもいい。リピートするのはジュースのほうだと思う。

一方、万年筆だけど、万年筆も決して悪くない。しかし、最近の自分のリーガルパッドの使い方は、考え事をしたりするときにざっくりと書くことが多い。きちっと演習したりする場合にはノートにゆっくりと書くほうが落ち着くけど、ラフな考えをああでもないこうでもないと展開するときにはリーガルパッドのほうが向いている。リーガルパッドの場合、紙を破って、破った紙だけバッグに突っ込んでおけば、どこでも考えの続きが展開できて便利。パリパリっとした薄い紙も持ち運ぶのに便利だ。

 

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム SXN-150-07 黒 24

三菱鉛筆 油性ボールペン ジェットストリーム SXN-150-07 黒 24

 

 

 

 

 

ゼブラ 水性ボールペン サラサクリップ0.5 P-JJ15-BK 黒

ゼブラ 水性ボールペン サラサクリップ0.5 P-JJ15-BK 黒

 

 

 

パイロット Juice ゲルインキボールペン 極細0.5mm ブラック

パイロット Juice ゲルインキボールペン 極細0.5mm ブラック