Raspberry Pi updates camera board with 8MP Sony IMX219 sensor: Digital Photography Review

Raspberry Pi updates camera board with 8MP Sony IMX219 sensor: Digital Photography Review

Raspberry Pi cameraが800万画素にバージョンアップしたようだ。Raspberry Piとは数千円で手に入る小型のコンピュータで、最近バージョン3になり結構グレードアップしたようだ。自分は初代しか触ったことがないが、普通にカメラをつないで写真を撮ったり、画像処理をしたりすることができる。当然、インターネットとか、パソコンでできることは何でもできる。何でもできるといっても、遅いし、メモリがたくさん必要な作業はしにくい。ただ、温度センサーをつないで、ネット経由で遠隔地の温度をモニタリングしたりとか、そういうことが割と簡単にできてしまう。

本体自体は安いけど、SDカードとかキーボード、マウス、USBのハブ、モニターとかそういう周辺機器は必要だ。

最近触ってないけど、もう少し余裕ができて来たらまたいじってみようかなぁ。