ドクターグリップのシャープペンシルが使いやすい

P1070853.JPG

ドクターグリップのボールペンを久しぶりに使ってみたんだけど、ボールペンの場合、それほど筆圧が高くならないので特にこれだからいいというのは感じない。しかし、シャープペンシルで書いていると、場合によっては結構筆圧が高くなる場合があったりして、しばらく使っているとドクターグリップの良さがしみじみと伝わってくるように感じる。これはもっと早く使っておくべきだったなぁ。

なんだかんだいって、物事を考えるときは結局使い慣れたシャーペンとB5のノートが一番しっくりくるようだ。ノートはコクヨのソフトリングが秀逸。これは気に入った。
ーーー
話は変わって、今、この記事はiPadで書いているんだけど、外付けキーボードを使えば、ほとんどパソコンで編集するのと変わらない感覚で記事を作成することができる(時々変換候補の表示位置が乱れるけど)。