読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PILOT Dr. GRIP 4+1

今、4色ボールペンとしてはフリクションを使っている。

digistill.hatenablog.com

しかし、フリクションは若干色が薄いのが時々物足りない感じがある。というわけで、パイロットのドクターグリップ4+1を買ってきた。色がいろいろあったけど、無難にシルバー。

P1080224.JPG

 

グリップの形状はドクターグリップと似ているが、ラバー素材の硬度は高め。多色ボールペンで長期筆記をすることはないので、特に問題はないだろう。もう少し柔らかくてもいいかなとは思う。

他のドクターグリップとの比較。

↓ 左から、今回購入したドクターグリップ4+1、ドクターグリップフルブラック(0.5mm シャープペンシル)、ドクターグリップ(0.3 mmシャープペンシル)、ドクターグリップGスペック(ボールペン)、右端はフリクション4 ウッド(注:ドクターグリップではない)。

P1080226.JPG

改めて比較すると、同じドクターグリップシリーズでもグリップの形状はだいぶ違う。

4+1の魅力は4色のボールペンとシャープペンシル、消しゴム(かなり小さいけど)が一体になっている点であり、最悪これ一本あれば筆記は大丈夫という安定感だろう。

インクはいわゆる新油性であり、パイロットではアクロインクと呼んでいる。新油性はジェットストリームが火付け役であり、現在もけん引役的な立ち位置にあると思う。実際、無難にいい。新油性一般に言えることだけど、どのメーカーのものも(液)ダマができやすいのが欠点だ。フリクションはゲルインクなのでこの現象がほとんどない。色の薄さが気にならなければ、これが最強かもしれない。

次はサラサの多色ボールペンでも買ってみようかなぁ。

パイロット ドクターグリップ4+1 シルバー

パイロット ドクターグリップ4+1 シルバー

 

 

 

 

 

ゼブラ 多機能ペン サラサマルチ 0.5 4+1 P-J4SA11-BK 黒