読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ペンの色の使い分け(手帳)

少し前に「手帳という武器をカバンにしのばせよう」という本を読んだ。読んだと言ってもキンドルで流し読みしただけだけど。手帳を色々工夫して使う方法が書いてあるけど、自分の使い方に合わないようなものも多く、そのままは使えそうにないけど、手帳の活用法を考えるという意味では参考になった。

この本では色に関して次のような使い分けが書いてあった。

青:仕事

緑:プライベートに関すること

赤:健康に関すること、重要事項

黒:雑事

自分の場合、色に関しては次のようなルールを基本としている。といっても、運用面では結構適当。

青:仕事

赤:重要事項

緑:プライベート

黒:過去とメモ

シャーペン:仮予定、他人の予定、自分が参加しない行事等

本に書いてある赤が「健康に関すること」という部分は取り入れても良いかなという気になっている。今は病院などの予定はプラベートの緑で書いてあるが、よくよく考えると、健康というのは仕事をする上でも重要だ。仕事を優先するあまり、無理をしたり治療を怠ったりすると、結果的に仕事に悪影響を与えることがあると考えられるし、ひいてはQOLそのものが下がってしまう。

黒の「過去とメモ」という部分の過去というのはライフログ的なものだ。仕事に限らず、予定外のことに時間を取られることは少なくない。そういうのを「**ミーティング」などと黒で記しておくと、ホントは報告書を作るつもりだったけど、突発のミーティングが入って、報告書作成が遅れたんだなということがあとでわかったりする。過去から現在が黒といったイメージだ。重要な部分は赤で囲んだりすることはあるが、赤文字でメモを取ることはそんなに多くない。

ちなみに、自分の色分けルールの基本は斎藤孝の「三色ボールペンで読む日本語」を参考にしている。

 

手帳という武器をカバンにしのばせよう

手帳という武器をカバンにしのばせよう

 

 

 

三色ボールペンで読む日本語 (角川文庫)

三色ボールペンで読む日本語 (角川文庫)