Lightroom CC 2015.7 now available (blogs.adobe.com)

Lightroom CC 2015.7 now available

Lightroom CCがアップデートした。

新しいカメラRAWをサポートしたのと、いくつかのバグフィックスが主な内容。

いくつかの性能アップも含まれていて、その中のひとつがスマートプレビューのパフォーマンスが上がるというもの。

Smart Previews for Faster Performance

You’ve always been able to use Smart Previews in the Develop Module as a way to edit photos without having access to the original images on disk.  Astute customers reported faster performance in the Develop Module when using Smart Previews and keeping their original images disconnected from their computer.  Now, you can set a Preference in the Performance tab so that Lightroom will always use Smart Previews in the Develop Module, if they are available, even when the original files are also available.

To do so,

  1. Choose Edit > Preferences.
  2. In the Preferences dialog, select the Performance tab.
  3. In the Develop section, select Use Smart Previews Instead Of Originals For Image Editing.
  4. Click OK and then restart Lightroom.

手順は以下の通り。

  1. 編集メニューから初期設定を選び
  2. 初期設定ダイアログの中のパフォーマンスタブを選択する
  3. 現像のところで「画像編集時にオリジナル画像の代わりにスマートプレビューを使う」を選択する
  4. OKをクリックし、Lightroomを再起動する

あとで試してみよう。