読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iOS10のMarkupが地味に便利

写真に印をつけたいと思うことは多々ある。これまでiPadでそういうことをしたいときは、Evernoteの機能とかskitchを使っていた。しかし、いちいち画像を保存しなおしたりするのが面倒なので、極力そういう作業を避けてしまう感じだった。

しかし、iOS10にMarkupという機能があることを知っているだろうか。

これは単体のアプリとしてある機能ではなく、iOSの機能として存在している。

まず、写真アプリから写真を開き、調整ボタン?を押す。

f:id:digistill:20161008134610j:image

その後、右にある「・・・」みたいなボタンを押すと、Markupというアイコンが表示されるのでそれを押す。

f:id:digistill:20161008134631p:image

そうすると、フリーハンドで線を描いたり、文字を入力することができるようになる。

秀逸なのは、適当に直線や丸、四角、三角を書くと候補が示され、キレイに成型された図形を配置することができることだ。

f:id:digistill:20161008135107p:image

矢印はできないなぁと思っていたのだが、もしかしたらと思って試したらできた。

下の画像の上みたいに書くと、下のような矢印の候補が出てくる。曲線でも先端をかぎ状にすると、先端だけが矢印になったような画像が候補として示される。さすが、iOS。地味にすごい。

f:id:digistill:20161008135438p:image