読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタイルフィットの0.5 mmゲルボールペン

スタイルフィットがすっかりお気に入りだ。0.28は手帳に書き込むのに便利な太さだ。また、ノートやメモに使ってもほとんど違和感がない太さだと思う。しかしながら、本を読むときのアンダーラインには細すぎて適さない。アンダーラインは目立ってほしいので、ある程度の太さが必要だ。

というわけで、スタイルフィットの0.5 mmゲルボールペンを買ってきた。軸は黒の3色。色はレッド、グリーン、ライトブルーだ。青をブルーにしなかったのは、ブルーはどのボールペンも色が濃くて、単体だと黒とあまり区別がつかないからだ。ちなみに、スタイルフィットにはスカイブルーという色もあった。

軸はこんな感じ。上は5色で下が今日買った3色タイプ。3色タイプにはクリップ有りとクリップなしがある、クリップなしの方がロックの安定感はあるんだけど、この手のペンはノートに挟んだり、ポケットに挟んだりするため、クリップはあった方が便利だ。軸は5色タイプよりも細く、単色のゲルボールペンと同じくらい。軸だけで200円というのはちょっと高いかな。

P1080356.JPG

筆跡はこんな感じ。0.28と比べるとだいぶ太い。ちなみに、紙は澪ペーパーを使っているキャンパスハイグレード(このノート、ほとんど見かけなくなったけど売ってるのかな?)。

P1080357.JPG

ライトブルーはほぼ期待通りの発色で、この色なら黒と見間違うこともないだろう。ブルーも発色はよくてそれほど黒に近い感じもないのだが。

書き心地はゲルの0.5だけあって、ガリガリ感は少ない。油性ほどヌルヌルではなく、紙との摩擦感のあるゲルのこの筆記感が好きだ。サラサラ書くには万年筆にかなう筆記具はないと思うけど、実用性を考えるとゲルボールペンはなかなかの優れものだ。

色を選ばないなら、水性ボールペンの方がゲルボールペンより筆記感はいいけど、ゲルボールペンの場合、いろんな色があって色に対する自由度は高い。

紙の裏抜けはほぼ皆無と言っていいレベル。ここも水性ボールペンと違ってゲルボールペンのいいところだ。特にスタイルフィットのゲルはシグノ芯なんだけど、このリフィルはホント裏抜けしにくい。

若干気になるのは、ボタは少し生じるようだ。これに関してはシグノのRT1も似たような傾向があるので、シグノ芯の特性なのかもしれない。ボタに関しては、シグノの307やぺんてるのエナージェルの方が優れている。この二つはほとんどボタの存在を意識することがなくかなり優秀だ。スタイルフィットに307芯が出たら、間違いなく最強の多色ゲルボールペンとなることだろう。

 

三菱鉛筆 ペンホルダー スタイルフィットマイスター ブラック 5色ホルダー

三菱鉛筆 ペンホルダー スタイルフィットマイスター ブラック 5色ホルダー

 

 

 

 

ぺんてる ゲルインキボールペン ノック式エナージェル 0.5mm ブルー軸 黒インキ BLN75-A