ZOOM707の挙動に関して

R0007327

ZOOM707 30周年限定バージョンはお気に入りのボールペンのひとつだ。細いボールペンは他にもある。しかし、ZOOM707はただ細いだけではなく、書きやすい。重量バランス、グリップの太さと形状などのバランスが絶妙なのだ。

ZOOM707はペンの上部を捻るとペン先が出てくる機構だ。止まるまで軽く捻ると筆記できるのだが、止まった後、少し力を入れると戻るときにカキッと音がするようになる。ただそのまま筆記していると、少し緩むのか、明確な音はしなくなる。それはそれでいいんだけど、これが個体差なのかどうなのかがよくわからなかった。

いくつか文房具店を回ってみたが、ZOOM707を置いている店がそもそもほとんど見当たらないので確認することができなかった。

今日、たまたま祇園のイオンに行ったらフタバ図書の文房具コーナーに限定品3種が触れる状態でディスプレイされていた。

早速、ZOOM707の状態を確認したところ、挙動は自分のペンと全く同じだったので、このような挙動は仕様なのだろう。

 

トンボ鉛筆 油性ボールペン ZOOM 707 30周年 BC-ZSL05

トンボ鉛筆 油性ボールペン ZOOM 707 30周年 BC-ZSL05