読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンサイス ブックカバー

基本的にブックカバーは使わないんだけど、数学の文庫本とか一気に読めないから、持ち歩いているとボロボロになるのでカバーが欲しいと思うこともある。いざ探してみると、意外とこれといったカバーが見つからない。

 硬すぎても柔らかすぎてもよくなくて、革でも布でもなんか違うって感じがしたのだ。

今日、見つけたのはコンサイスのブックカバー。

R0007331

素材は発泡したような塩ビ。しなやかな素材で厚みも適当だし、貼り直しの効く粘着剤でカバーをピタっと固定できる。

しおりにもペタペタ系の素材が付いていて、付箋紙のように紙に張り付く感じ。

実用新案(実登3024313)を調べるとこうある。

【考案が解決しようとする課題】 そこで本考案は、書物の間から滑り落ちることを防止することができるととも に、読みかけの頁だけでなく行までも知ることができる斬新なしおりの提供を目 的とする。

また、粘着剤に関しては、

この粘着剤層2 は繰り返し貼着しても粘着力を失わないもの、すなわち反復的に貼着可能なもの である。また、粘着剤層2の粘着力は、書物の紙面に貼着している状態から剥し た場合に、紙面を破らない程度のものとする必要がある。この粘着剤層2を設け る手段としては、しおり本体1に粘着剤を直に塗工する方法や、両面粘着テープ をしおり本体1に貼着する方法などを採用することができる。なお、両面粘着テ ープを使用する場合は、表裏両面の粘着力の異なるもの、すなわち、しおり本体 1に貼着する側の粘着力が強くて剥れにくく、書物の紙に貼着する側の粘着力が 弱くて容易に剥がせるものを使用する。また、粘着剤層2はしおり本体1の裏面 全体に設けると剥がしにくくなるので、一部に設けるものとして、指で摘める場 所を確保するのがよい。

粘着剤の素材に関しては明記していないので、よくわからなかった。ポリウレタン系の粘着材料だったらそう簡単にダメにならないような気もするけど、どうなんだろう。

R0007333

R0007336

装着するとピタッとして気持ちがいい。

マチも広すぎず、素材が柔らかいので違和感がない。むしろ、何もつけない時より読みやすくなってるかもしれない。

R0007340

 黒は意外と高級感もあり、これで800円ちょいだから結構安いと思う。

コンサイス 皮革調ブックカバー No.1 文庫 黒 323112

コンサイス 皮革調ブックカバー No.1 文庫 黒 323112