オレンズネロ

今日の朝、こういう記事を見た。

digital-camera.jp

0.2 mmの芯が折れにくいシャーペンというものにはあまり興味がなかったんだけど、このデザインには何か心惹かれるものがあった。真っ黒で重そうで無骨で決してスマートなカッコよさはない。ああこれは、あれだ。かつて出会った頃のSMASHだ。

f:id:digistill:20170206201848j:plain

オレンズネロは折れないだけでなく、自動芯繰り出し機構を実装している。しかも、強気な3000円という値段設定。これはもう買うしかない。

というわけで、近所の書店で0.2 mmのを予約してきた。

「3000円ですけど、いいですか?」

予約した店だけ入荷がまだなんていう若干嫌な予感を感じつつも、その時は0.3 mmを買えばいいんじゃ!と心の中で叫びつつ言った。

「イエス、ノープロブレム」

文房具を予約して買うなんて初めてだし、発売日もよくわからない品物をただ予約だけするってのも初めてだ。ていうか、よく予約受け付けたな。w

まぁ、今すぐ必要なもんじゃないし、気長に待とう。

ちなみに、2倍回転する「クルトガアドバンス」なるものも発売されるらしい。こっちはその辺で見かけるようになってからでいいや。

digital-camera.jp